« b-mobileWiFiとSIMはAmazonで買うとお得です | トップページ | 明日はiPadの発売日 今私の周りで起きていること »

2010/05/25

バッファロー ポータブルWiFiは至れり尽くせり



 NTTBPとバッファローは5月25日、モバイルルータ「ポータブル Wi-Fi(型番:DWR-PG)」の
詳細発表を行いました。6/24から家電量販店、docomoショップで販売されます。
価格は37,000円。Pocket WiFiが本体一括購入で39,500円であるのを考えれば、
妥当な価格設定かな。

iPhoneが欲しくてたまらないdocomoは、SIMロック解除に大賛成している経緯がある割には、
このポータブルWiFiにはSIMロックがかかっているという矛盾。
そのうち解除されるのでしょうか?それともdocomoも、自分達にとって都合の良い
商品はSIMロックをかけていくのか、これまたよく分からない状況ではあります。

 まぁ、それは置いとくとして、ポータブルWiFiの詳報はITmediaインプレスWatchにあるので
ここでは触れませんが、目新しい機能は「コグニティブ接続」という機能と「簡易NAS」機能。

 コグニティブ接続というのは有線LAN、無線LAN、3G通信の中で、そのとき一番高速な
回線を機器側が自動的に選択して、ユーザに知れることなくその時BESTな回線を使って
通信をする機能らしい。

 実際の使用状況を想像すると、勿論、外出時はポータブルWiFiにiPadなりXPERIAなりを
無線接続して3G通信をするわけですが、帰宅後にポータブルWiFiをクレードルに載せて、
ポータブルWiFi=無線LANアクセスポイント→有線LAN→ADSL or 光ファイバ
でネットに接続すれば、より高速な通信が可能になって便利になると想像できます。
この時、便利な点は無線LANのアクセスポイントを切り替える作業が必要ないこと。

 私は外出時にはPocket WiFiを、家では無線LANのアクセスポイントを使っていますが、
いちいち切り替える手間があったりして、イマイチ完全自動化にはなっていません。
しかし、ポータブルWiFiを無線LANのアクセスポイントとして一元化すれば、
切り替えを意識しないで使えることになるので、その辺りは便利になるかなとも思います。

 次に便利なのは、というかこれがもっとも重宝しそうな簡易NAS機能。
これは、Pocket WiFiにはない機能で、とても便利そうだなと思います。
ポータブルWiFiにセットしたmicroSD系カードをストレージとして、ファイルサーバ的な
使用方法ができるらしいです。指定したWebページを自動ダウンロードできるらしく、
例えば、出勤前にNewsサイトなんかを事前にmicoroSDカードに保存しておけば、
通勤中に、例え地下鉄とかで3Gの電波が入らないところでも、ポータブルWiFiのキャッシュ
からNewsサイトの記事にアクセスできてニュースを読むことができるらしいです。
正直、これは羨ましい機能です。

 まぁ、重さは105gと胸ポケットに入れると結構思い存在になると思われますが、
機能は多機能なので、少々気になる存在ではあります。

 と言う思いもあって、さっそくAmzaonで予約可能になったら
メールを受け取る処理をしておきました。

 もっと詳細が知りたい商品ですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« b-mobileWiFiとSIMはAmazonで買うとお得です | トップページ | 明日はiPadの発売日 今私の周りで起きていること »

Pocket WiFi」カテゴリの記事

XPERIA」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

docomo」カテゴリの記事

b-mobile」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッファロー ポータブルWiFiは至れり尽くせり:

« b-mobileWiFiとSIMはAmazonで買うとお得です | トップページ | 明日はiPadの発売日 今私の周りで起きていること »