« XPERIA を eneloop で 充電(スティックブースター使用編) | トップページ | XPERIA をeneloopで充電 【単3形 eneloop 4本編】〜ソーラーエネルギ化に向けて その2〜 »

2010/05/06

XPERIA ほか eneloop で 充電 【単3形 eneloop4本編】〜ソーラーエネルギ化に向けて〜


Ts202wh_1
電力消費の激しいスマートフォンを、ソーラーエネルギーだけで賄いたいという思いを
実現させるべく、今回はPhase1としてiPhone3G充電用ポータブルUSB電源 WH TS-202
という単3乾電池4本を電源としたモバイルバッテリーを改造することにしました。

Ts202wh_2 電池ぶたを開けるとこんな感じ

これは、iPhone3G/3GS用を謳ったモバイルバッテリなので、iPhone付属のUSBケーブル
を使っての充電を想定しており、USB充電対応の他の機器を接続しても充電は
できません。しかもアルカリ乾電池以外の電池使用を保証対象外としています。
ですが、eneloop単3電池でも充電は問題なくできます。(ただし、使用は自己責任です

なぜ、iPhone付属のUSBケーブルで充電できるかというと、仕組みは簡単です。
付属のケーブルの構造は、本来独立しているべきマイナスラインとシールドラインを、
予めショートさせてあって、このケーブルがTS-202に接続されると、
この電気的な状態を検知し、充電できる仕組みになっているようです。

ということは、iPhone付属のケーブルの状態を、TS-202側に持たせてやれば、
iPhone付属のケーブル以外のものを刺しても充電できるようになるはずです。

といっても、話は非常に簡単、TS-202を分解して、回路上のマイナスライン端子と
シールドライン端子をショートさせちゃえばよいわけですね。

CAUTION!
これ以降、勝手な分解作業に入りますので、メーカー保証はなくなります。
動作保証も、充電対象の機器の故障もすべて自己責任になりますので、
心して取りかかってください。

では、さっそく作業にかかります。
(これ以降、都合、色違いのiPhone3G充電用ポータブルUSB電源 BK TS-201を使います)

まずは分解です。
本体は上下に分割できますが、ネジなどはありません。
最初、ツメの位置が分からなかったので、
むりやりこじ開けました。(なので、ツメが折れちゃいました)

Ts201_3
上下分割した状態
_ __2

写真左は側面 写真右は前面 赤く囲ったところがツメの位置(側面は反対面同様)

次に、基板Assyを取り出します。基板Assyはこんな感じ↓

Photo_5 

次に、基板を裏返して、マイナスラインとシールドラインをショートさせます。
下図の矢印で指した端子をコードで接続します。

Photo_6

これで結線は終了。あとは、基板をケースに取り付けて元の状態に組み立てます。

電池を入れてみて分かったのですが、今回の方法だと電池を入れただけで、
パイロットランプが点灯して給電OK状態になってしまいます。
なので、近い将来、今回ショートさせてた端子間に小型のスイッチを入れたいと思います。

でも、とりあえずXPERIA、Pocket WiFiも充電できるようになりました。

とりあえずXPERIAの写真(Pocket WiFiは写真を載せてませんが充電できてます)

今回はeneloop 単3形4個の容量はというと、eneloop 単3形1本の容量が
「1.2V Min 1900mAh」と表記されているので、電力量にすると2.28Wh。4本だと9.12Wh。
これに対して、XPERIAの電力量は5.4Whなのでフル充電可能です。
iPhoneのバッテリもこのブログを見ると4.5Whなのでフル充電OK。
Pocket WiFiのバッテリは5.6Whなので、こっちもフル充電可能です。

3つ合わせると、15.5Whなので、単3形eneloopを8本持っていれば、3機種フル充電
してもおつりがくる計算になります。

メーカ保証外のeneloop単3形を使用した場合の出力電圧は実測値で5.00V
メーカ保証のアルカリ乾電池を使用した場合の出力電圧は実測値で4.99V
USBの規定電圧は4.75V〜5.25Vなので、eneloop単3形でも電圧は規定値内です。

そして次は、このeneloop単3形をどうやってソーラー充電するかですが、
2010/4/14のブログで紹介したPowerFilm 「AA SOLAR CHARGER」を利用したいと
考えています。しかもこれを2台用意。いや、3台か?
これなら日中5時間太陽光にさらしておけば、eneloopはフル充電されるので、
帰宅後にTS-202orTS-201にeneloopを充填してやれば、モバイル機器は
ソーラーエネルギーから充電できることになります。

と机上の検討は順調に進むのですが、あとは、お金のやりくりが問題だなぁ(TдT)

ということで、今回紹介した品物をまとめてみます。

ちなみに、楽天やYahoo!でも購入可能です↓




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« XPERIA を eneloop で 充電(スティックブースター使用編) | トップページ | XPERIA をeneloopで充電 【単3形 eneloop 4本編】〜ソーラーエネルギ化に向けて その2〜 »

Pocket WiFi」カテゴリの記事

XPERIA」カテゴリの記事

eneloop活用」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

ソーラー充電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XPERIA ほか eneloop で 充電 【単3形 eneloop4本編】〜ソーラーエネルギ化に向けて〜:

« XPERIA を eneloop で 充電(スティックブースター使用編) | トップページ | XPERIA をeneloopで充電 【単3形 eneloop 4本編】〜ソーラーエネルギ化に向けて その2〜 »