« 備えあれば憂いなし、iPhone 4を保護する異色高性能フィルム | トップページ | iPhone 4握り方で電波感度悪化=ケース類が必須のようです »

2010/06/28

iPhone 4を傷・汚れから守るガラスコーティングのすすめ



 前回の記事「備 えあれば憂いなし、iPhone 4を保護する異色高性能フィルム」で、高密度ガラス繊維ケイ素系ポリマーコート・クリスタルコートを取りあげました。

 販売元は異なりますが、私は以前からガラス繊維ケイ素系ポリマーコート剤で愛車をコートしてきました。そして、その残りをiPhoneなどの携帯機器の傷つき防止のために使ってきたわけです。

 このポリマーコーティング、何が良いかというと、機器表面にガラスのような皮膜ができるため、傷つきにくくなるメリットがあります。また、汚れが付きにくくなり、しっかりと拭き上げればコーティング直後の輝きが蘇ります。さらに、iPhoneのような高光沢な機器ほど艶に深みが増して見た目がさらに良くなります。
 
 いいことずくめのガラス繊維ケイ素系コーティングですが、コーティングは至って簡単です。私の場合は

  1. コーティングする面の脱脂
    ※私は薬局で売っている安価な燃料用アルコール(メタノール)を使用していますが、
     理想は高価な無水アルコール(エタノール)の方が人体には安全かも。
     その辺りの判断は自己責任でお願いします。

    ※火気厳禁ですのでご注意ください!
  2. コーティング剤を1~2滴、ティッシュに含ませてコーティング面にまんべんなく塗る
  3. 30分ほど放置してから、カラ拭きする
  4. 固く絞った水拭きタオルで拭き上げる

 これだけの工程でコーティングは完了します。特別難しいことは必要ないですよね?
 ただ、コーティング後24時間は皮膜の形成が完全ではないので、あまりベタベタ触らない方が無難です。

 コーティングをした後の表面は、プラスチック素材でもガラス特有の指触り「キュッ、キュッ」という感触に変ります(食器用洗剤の宣伝でよくあるアレですアレ)。そして、透明パーツでは、薄い透明の膜ができたことによって「光干渉縞」という現象が観られるようになります。これは薄いガラスの膜が形成されている証拠で、光の加減でみえることがあります(通常は気にならないです)。下の写真はiPhone 4用のケースですが、表面にガラスコーティングをした後の状態です。虹色に見えるのが光干渉縞です。写真は撮らなかったのですが、コーティング前には観られない模様です。


 後述しますが、私の場合は上述のコーティングの後に、さらに表面硬度を上げるコート剤を塗って仕上げますが、手順は1~3を同様に繰り返すだけなので特に難しいことはありません。

 で、Amazonで販売しているMicro Solutionの製品は容量が200mlで、iPhoneなどの携帯機器のコーティングには量が多いというのが本音です(まぁ、携帯機器に限らず、用途は広いのでいろいろな所に使えると思えば安いかもしれませんが…)。

 ということで、最後までもったいぶってしまいましたが、私のおすすめは「スプリングウッドカンパニー」という車のポリマーコーティングを専門にしているショップが販売する総称「GFコート」という商品です。30mlあれば乗用車2台はコーティング出来る量なので、iPhoneなどのコーティング以外にもたくさん用途はあります。下の写真のピンクダイヤモンドが粗い粒子のコート剤で比較的厚い皮膜が形成されます。そのとなりのゴールドラベルと言うのは、粒子の細かいコート剤で、ピンクダイヤモンドのコーティング後に使用します。この粒子はピンクダイヤモンドの皮膜の隙間に入り込み、皮膜をより強固で滑らかなものにします。このダブルコートをすることによって、コート面の輝きは増し、傷にも強くなります。どうせコートをするならダブルコートがおすすめです。

ピンクダイヤモンド30ml入り
¥1890 (Yahoo!ショッピング価格)
パワーGFゴールドラベル30ml入り
¥1575 (Yahoo!ショッピング価格)
こちらはセット品
ピンクダイヤモンド&ゴールドラベル30ml入りセット
¥3150 (Yahoo!ショッピング価格)

 このショップはプロ用のカーメンテナンス剤を多数扱っているので、他にも色々物色してみてください。まだ試していませんが、iPhoneやXPERIAなどのタッチパネルの表面の指滑りを良くできるのではないか?と目を付けているのが↓

 本来は車のフロントガラスに塗る物ですが、フッ素樹脂は摩擦抵抗が少ない物質として有名です。数ある市販の自動車用ガラス撥水剤はフッ素樹脂の添加量は少ないらしいですが、この製品は純フッ素ということで滑りが良さそうかと。レビューを見る限りでは、市販品より耐久性も高いようです。スーパーレ○ンXなどと違い、フッ素ガラス撥水剤はワイパーで払拭した直後に白く曇らないのが特徴で、ワイパーのビビリ音がしないのも特徴らしいです。自動車会社純正のガラス撥水コートもフッ素コートなので、この製品は間違いないのではないかと思っています。
 きっと、タッチパネルに塗れば指滑りが良くなりつつ、iPhone4のガラス光沢面を保てるのではないかと目論んでいるわけです。近々試してみたいと思っています。

 と、まぁ、いろいろ小技を紹介しましたが、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« 備えあれば憂いなし、iPhone 4を保護する異色高性能フィルム | トップページ | iPhone 4握り方で電波感度悪化=ケース類が必須のようです »

HTC Desire」カテゴリの記事

XPERIA」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 4を傷・汚れから守るガラスコーティングのすすめ:

« 備えあれば憂いなし、iPhone 4を保護する異色高性能フィルム | トップページ | iPhone 4握り方で電波感度悪化=ケース類が必須のようです »