« b-mobiel WiFi Softbank回線とDocomo回線比較実験 | トップページ | XPERIA v.s. Desire なぜXPERIAはここまで電池保ちが悪いの? »

2010/06/11

iPadをデジタル本棚化! ScanSnapで紙書籍リアル本棚一掃!


紙書籍のMac Fan iPad特集をiPadで表示したところ

 iPadを購入して14日、やはりこれまでのデバイスでは実現できなかった「電子書籍リーダ」としての機能は先進的な機能ですね。

 私は以前から、購入した書籍を徐々にPDF化してきているのですが、iPadの様なデバイスが具現化されることを見越してのことでした。それが花開くことを期待して、iPadの登場を待ち望んできました。

 上の写真は、「Mac Fan 2010年7月号」をスキャナで取り込んで「i文庫HD」で閲覧している様子です。

iPad上の書庫の様子

iPadに取込んだMac Fanの表紙 Objective c入門をiPadで参照

 紙ベースの書籍を電子化するには、書籍をスキャナーで取り込むことになるわけですが、私が使用しているのは、誰が呼んだか通称「自炊」という世界ではあまりにも有名な
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500 」という製品。

ScanSnapの収納時の状態の写真 FUJITSU ScanSnap S1500

 上の写真はハッチを閉じた状態ですが、使用するときは下の写真の様にハッチを展開して使います。

ScanSnapのハッチを開けた状態の写真
この形態になると想像つくかもしれませんが、一昔前のインクジェットプリンターみたいな形状をしてますよね。そう、このスキャナはプリンターの様に紙送りをしながら、
解像度に関わらず毎分20枚・40面の高速読み取りをしてくれるスキャナなのです。「週刊ダイヤモンド」くらいの週刊誌なら、5~10分もあれば全部PCに取り込めます。しかも、一回スキャンボタンを押せば全自動で取り込んでくれます。(一度にセットできる紙枚数には制限があります)

取り込んだ書籍はPDF化され、専用ソフトを使ってページの抜き差し、回転、並び替え、
ページ挿入などなど様々な編集ができるので、一冊の本を好きなようにページを入れ替え
たり、気になった記事だけスクラップして、自分だけの電子書籍PDFファイルとして保存
することができます。

しかも、OCR機能が優秀で、富士通の研究所で開発された非常に優秀なアルゴリズムに
よって、読み込んだ本の文章を文字データに変換してPDFファイルに埋め込んでくれる
のです。そうすることで、本の内容に対してキーワードで検索がかけられるので、必要な
情報にすぐにたどり着けるメリットもあります。
そしてさらに、単体で購入すると¥30000する「Adobe Acrobat 9 Standard」が標準付属
するので、PDFファイル内の文章 にマーカーで線を引いたり、注釈を入れたり書き込み
も自由自在。非常に便利です。

ScanSnap Manager画面 「ScanSnap Organizer」に半自動で取り込まれます。

Scansnap organizer画面 取り込んだPDFファイルの編集は「ScanSnap Organizer ビューワ」で行います。

iTunes PDFファイルの転送はiTunes左ペインでiPadを選択し
[アプリ]タブ -[ファイル共有]設定欄-[アプリ]-[iBunkoHDの文章]-[追加]
をすると、ファイルが転送されます。

 少々前置きが長くなりましたが、この様な感じで、紙ベースの書籍をPDF化してファイルサーバに格納し、必要に応じてiPadにコピーしてi文庫HDなどの電子書籍リーダで閲覧すると、本棚は片付いて、iPadの中に数百の書籍が格納できることになります。
そうすると、情報は何でもiPadの中に入っている状態になり、iPadさえ持っていれば読書、資料閲覧、新聞、ネット、メール、写真、音楽、スケジュール、地図などなどなどのいろいろな情報ソースが全て手の中にある状態になり、iPadが手放せなくなります。
というか、いつでも持っていたい存在になります。


 ただ、ここで問題になってくるのは、前準備として書籍をカットしなくてはならないことです。
もうここは腹を決めてやるしかないですが。。。

 iPodが、曲を全部入りで外に持ち出す便利さを提案してくれたように、今度はiPadが、本棚を全部持ち出す便利さを提供してくれる段階にあるのではないでしょうか?だから、ここは腹を決めてカットしましょう!

 カットに使うのは、裁断機。私も愛用していますが、デジタル化によって生活の仕方にメスを入れる「ライフハック」というジャンルではお馴染みで、一番お勧めなのは、

一番評価の高い裁断機

値段ははりますが、切断のしやすさはピカ一です。少々でかくて邪魔ではありますが。。。そんな方は、カール事務器 ディスクカッター DC-210N もお勧めです

こちらの裁断機も評価が高い

も評判はいいようです。場所もとらないし、多少手間はかかりますが、よい選択だと思います。

 電子化した書籍をクラウドにしまっておくのも良いでしょう。DropboxやSugersincなどなど、無料クラウドサービスはいろいろあります。ただし、この場合必要な必要なときにいちいちダウンロードしなくてはならず、正直、ダウンロード時間がかかるので面倒です。
できれば、大容量の64GB iPadにPDFを詰め込んで、必要なときにパッと見られるのがベストです。
手持ちの書籍も電子化して、iPadをもっと活用していきましょう!




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« b-mobiel WiFi Softbank回線とDocomo回線比較実験 | トップページ | XPERIA v.s. Desire なぜXPERIAはここまで電池保ちが悪いの? »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

ScanSnap」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559428/48862215

この記事へのトラックバック一覧です: iPadをデジタル本棚化! ScanSnapで紙書籍リアル本棚一掃!:

« b-mobiel WiFi Softbank回線とDocomo回線比較実験 | トップページ | XPERIA v.s. Desire なぜXPERIAはここまで電池保ちが悪いの? »