« Apple Magic Trackpad 素敵なデバイスの登場です | トップページ | ELECOMのiPhone4保護フィルムがサイズ間違えで無償交換してもらった »

2010/07/31

Magic TrackpadをネイティブWindows PCで使う方法(Apple製ドライバ抽出)

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加




<2013/1/4 追記>

当ブログでこの記事を書いたときから2年以上が経過し、Magic TrackPadをWindowsで便利に使えるよう、フリーウェアなども登場しているようですが、慣性スクロールなどなどのステキな機能は使えないままのようです。

まだMagic TrackPadを購入前の方で、トラックパッドをWindowsで本格的に使いたいと言う方は、Windows用に作られたLOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650がおすすめです。マルチタッチ、慣性スクロール、ジェスチャなどなどMagicTrackPad+Windowsの組み合わせより数段上の機能を実現しています。

それに、薄型バッテリ内蔵式なので、単3乾電池式のMagcTrackPadより薄型で、持ち運びもスマートですね。

Windows8にも最適化されているようなので、Windwos8のUIをより便利にしてくれそうです。

Photo

 先日発売されたMagic Trackpad、MacではMac OS X 10.6.4以上がインストールされていればマルチタッチ操作や、慣性スクロールが思う存分楽しめます。同時に、Bootcamp上のWindowsで使うためのBootcampアップデータが用意されています。 

では、Macを持っていないWindows PCユーザは使えないの?

いえいえ、Windows PCに、Bootcampアップデータに入っている“Apple純正Windows用ドライバ”を取り出してWindowsにインストールすれば、タッチ操作は極めて限定されますが、それなりに使えるようになります。
(今回はWindows7 64bitにインストールしてみました)
(32bitにインストールした内容はページの下部に追記しました)

 その前に、Windows PCにMagic Trackpadを普通に接続するとどうなるのか?というと、“Bluetoothマウス”として認識されて、単なるHID(Human Interface Device)マウスとして動作し始めます。単なるマウス扱いなので、機能は非常に限られます。カーソル移動と左右クリックのみ。

 ここでちょっと閑話休題。後の説明がしやすいのでMagic Trackpadの機構を簡単におさらいしておきます。
 Magic Trackpadの表面は約8割がた磨りガラスで覆われていて、縁周辺以外で指の接触をセンシングできています。そして、パネルの左側に圧をかけると左クリック、右側に圧をかけると右クリックのスイッチが入ります。そのスイッチはどこにあるか?というと、裏面のゴム足に仕込まれています。

Magic Trackpadの裏側Magic Trackpadの裏側
ゴム足 ゴム足プッシュ
ゴム足の通常の状態 ゴム足を押し込んだところ
(写真じゃ分かりにくいね)

 ゴム足は、Trackpadの左右等位置に配置されています。ゴム足の素材は薄くて柔らかく、そのゴム足のゴムの中にスイッチが仕込まれていて、ゴム足に圧がかかると「カチッ」とスイッチの音がするのが分かります(上の写真じゃ分かりにくいが、ゴム足に圧をかけるとゴムが変形してスイッチの形が見える)。こんな仕組みなので、左右どちらかに偏った荷重がかかると左クリック、右クリックとして機能します。

 話を元に戻すと、Windows PCにタダ単に接続した場合、左右クリックはゴム足のスイッチによって行われる仕組みなので、タッチパネルの役割はカーソルの移動だけになります。タップしてもクリックにもならないし、当然ダブルタップしても何も起きません。一昔前のタッチパッドでスクロールバーでスクロールさせるためには、「左クリックをしながらタッチパネルを前後になぞる操作」が必要でした。この操作をMagic Trackpadでやろうとすると、「パッドの左側を押し込みながら、指を前後になぞる操作」が必要になります。これが非常にやりにくい。というかできないに等しいです。

 ということで、ここで出番となるのがAppleが提供している
Apple Magic Trackpad Update 1.0 for Windows 64 bit
というBootcamp用のアップデートプログラム。これはIntel MacでWindowsを動かすBootcampというプログラムのアップデータで、ダウンロードしたexeファイルをWindows PCでダブルクリックしてもエラーメッセージが出てインストールできなません。

Photo_6
 では、どうするか?

 答えはそれほど難しくありません。

 「7-Zip」という圧縮解凍プログラムを使って、ダウンロードしたアップデート用exeファイルを解凍して、その中のWindowsドライバ インストールプログラム(らしきもの)を取り出して実行するだけです。

 7-Zipをインストールすると、エクスプローラの右クリックメニューに「7-Zip」という項目が現れるので、それを展開して“~”に解凍を選択すると解凍できます。

Bootcamp_2

 これを使って、まずはダウンロードしたアップデートファイルを解凍します。すると、下図のファイルが出てきます。

2

 そして、このファイルをまた「7-Zip」で解凍すると、

Photo_7

 たくさんのフォルダが出てくるので、そしてこの中を探していくと、

Bin_2

 「Binary.AppleWirelessTrackpad_Bin」というファイルが出てきます。容量を見ると、1ファイルで2MB超えのファイルなのでちょっと怪しいですね。そして、さらにこのファイルを「7-Zip」で解凍すると、

Photo_8

 「DPInst.exe」というファイルがでてきます。どうやらこれがMagic Trackpadのドライバインストールプログラムのようで、これをダブルクリックして、インストールウィザードを実行すると再起動後にMagic TrackpadをApple製ドライバで使用できるようになります。

 まぁ、Apple製ドライバを入れたとしても、Macとの差別化のため、スワイプもピンチ・イン/ピンチ・アウトも3本指マルチタッチも慣性スクロールもできません。
 このドライバを入れるとできるようになる操作は、タップ、ダブルタップ、2本指スクロールくらいでしょうか。
 でも、これができる様になれば、正直、用は足りるかなとも思うし、この楽しいデバイスをWindowsでも必要な機能で使えるようになるのは、ありがたいことだと納得することにしましょう。

 ちなみに、32bit版はどうかというと、「Apple Magic Trackpad Update 1.0 for Windows 32 bit」をダウンロードして上述の64bit版と同じような手順でドライバをインストールすると、降る機能は無理ですが、問題なく使用できるようになります。

Vaio_pmagic_trackpad

 VAIO Pで使用するとこんな感じになります。もう一回り小さいのも発売してくれれば、モバイル用途で出番が増えそうな気がします。考えてみれば、マウスは各社から色々発売されていますが、Trackpad類の製品てあまりないですよね。薄くて、運びしやすければ需要はあるように思いますが。

ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« Apple Magic Trackpad 素敵なデバイスの登場です | トップページ | ELECOMのiPhone4保護フィルムがサイズ間違えで無償交換してもらった »

おすすめ」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

あっきーさん
返答遅くなりすみません。
自力で解決された様で、まずは、「おめでもうございます」の一言につきます。
Bluetoothのドライバのインストールに問題があったようですが、今回のようなメーカーの想定外の使い方をする時は、ありとあらゆるところを疑ってみる必要がありそうですね。こちらも勉強になりました。ありがとうございます。
何はともあれ良かったです。
Magic Track生活をお楽しみください!

投稿: 管理人 | 2012/01/21 20時15分

反応するようになりました!Bluetoothのドライバを付属のCD-ROMを使ってインストールしたのですが、それをアンインストールしてもう一度やったら出来るようになりました^^

投稿: あっきー | 2012/01/21 15時57分

回答ありがとうございます!
bluetoothのウインドウを開いたところ、Apple Wireless Trackpadとして認識されていました。
押し込みによるクリックは認識できますが、右側を押しても左側を押しても左クリックとして認識されてしまいます。
う~ん、意味不明です^^;

投稿: あっきー | 2012/01/20 23時25分

あっきーさん、コメントありがとうございます。

ご質問の件ですが、力不足で申し訳ありませんが、当方でも原因がわかりません。
ポインタが移動できるということは、TrackPadはマウスとして認識されている可能性がありそうですね。とすると、経験から判断するに、タップはだめでもTrackPadを物理的に押し込んだ『カチッと』音が鳴るクリック動作は反応するのではないでしょうか?
そのような状況なら私も陥った覚えがあります。
その時は原因が特定できなかったので、ひたすらインストールをし直した記憶があります。が、現在、当方のTrackPadは売却してしまったため検証ができません。

回答にならないかもしれませんが、ヒントになれば幸いです。

投稿: 管理人 | 2012/01/20 23時11分

きよとさん、コメントありがとうございます。
超遅レスで申し訳ありません。

文面から察するに、7-Zipのインストールに問題があったように想像できます。再インストールを試してみてください。

ちなみに、7-ZipはWindow用でも32bit版と64bit版があったように記憶しています。貴殿がご利用のWindows7は32bit版か64bit版か確認してみてください。それに適したインストーラをダウンロード&インストールする必要があります。
確認方法は、Windowsのスタートメニューをクリックして、タスクメニューの中の『コンピュータ』を右クリックして『プロパティ』を左クリックすると、システムの概要が確認できると思います。その中に64bit版なら『64ビット オペレーティングシステム』と書かれているはずです。
お役に立てれば幸いです。

投稿: 管理人 | 2012/01/20 23時02分

記事通りにやったのですが、タップも2本指スクロールもできません・・・。クリックとポインタの移動は出来るのですが・・・
解決法をご存知でしょうか?
Windows7の32bit、Bluetoothはバッファローのレシーバを使っています。よろしくお願いします!

投稿: あっきー | 2012/01/20 19時29分

こんにちは。
2010年7月31日に載っているマジックトラックパッドの件で質問です。
http://motomory.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/magic-trackpadw.html
当方もWindows環境でマジックトラックパッドを使用したく、色々と調べてこのブログを発見しました。
さっそく紹介されている通りの作業を行いましたが、7-zipを使いBootCampUdate64.mspを解凍する作業ができません。
7-zipにドラッグしても、7-zipのインストールを行えという指示が出るだけでBootCampUdate64.mspの解凍に至りません。解決方法はありますでしょうか?
当方はあまりPCに詳しい方ではないのですが、問題点があれば指摘してください。
当方の環境はWindows7です。
よろしくお願いします。

投稿: きよと | 2011/11/25 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Magic TrackpadをネイティブWindows PCで使う方法(Apple製ドライバ抽出):

« Apple Magic Trackpad 素敵なデバイスの登場です | トップページ | ELECOMのiPhone4保護フィルムがサイズ間違えで無償交換してもらった »