« MacBook Air H.264フルハイビジョン映像再生で検証 | トップページ | MacBook AirとVAIO PのWindowsエクスペリエンスを比較 »

2010/11/23

iOS4.2アップデート始まりました



 去る11月12日にリリースが噂されていたAppleTMのタッチセンスデバイス向けOS「iOS4.2」が本日?昨日?からリリースされたようです。

 今回の目玉はなんと言ってもiPadのマルチタスキング対応ですね。これでようやく、iPadも使いやすくなりそうです。やはり、一足早くiPhoneでマルチタスクを体験していると、iPadをいじるのが嫌になってきていた矢先で、本当に良いタイミングでリリースされました。って感じです。

 さらに期待したいのは、AirPlay。簡単に言ってしまえば、今までiPhone/iPadのディスプレイでしか楽しめなかった動画や写真を、iPhone/iPadのディスプレイに映すのではなく、同じ動画や写真をワイヤレスで液晶テレビなどに飛ばして映し出す機能。ただし、送信側デバイスはiOS4.2対応のiPhone/iPadでよいですが、受信側はAirPlay対応デバイスが必要。要は新Apple TVの様なデバイスが必要になってきます。
 同じような機能はDLNA(Digital Libving Network Alliance)の規格ではDMC (Digital Media Controller)やDMR (Digital Media Renderer)で、すでに実現しているので、AirPlay登場(正確にはポータブルデバイス対応)によって、事実上標準規格のDLNAにライバル規格が登場してしまったと言っていいでしょう。いっそのことDLNA準拠としてもらえれば、非常に多くのDLNA対応機器が発売された今の市場なら、とてもユーザフレンドリなAirPlayとして受け入れることができたののでしょうが、現段階ではあっさり受け入れるのは難しいですね。
 しかし、AirPlayの性能によっては、話が変わってくるでしょう。DLNAは確かに対応機器はめちゃくちゃ多いですが、相互の接続性って、あまり良いとは言い難いというのが私の感覚です。そこをAirPlayが覆せば、受け入れざるを得なくなる可能性はあります。
 要は、新Apple TVで早くAirPlayを試してみろってことですね。その辺は、また日をあらためてレポートします。



ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« MacBook Air H.264フルハイビジョン映像再生で検証 | トップページ | MacBook AirとVAIO PのWindowsエクスペリエンスを比較 »

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iOS4.2アップデート始まりました:

« MacBook Air H.264フルハイビジョン映像再生で検証 | トップページ | MacBook AirとVAIO PのWindowsエクスペリエンスを比較 »