« PT2が2枚手に入りました | トップページ | いつの間にかGalasy Tab & Sony Reader ユーザの私 »

2010/12/25

スマートフォンに純フッ素コーティングで防汚性アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!


 iPhoneが切り開いたスマートフォンという世界。今年は新機種投入が続き、ようやくスマートフォン普及期に入ってきたかなと思う今日この頃。

 特にiPhoneだけに限ったことではないですが、スマートフォンを使っていて思う欠点の一つは、ディスプレイが汚れること。指で直接ディスプレイを触るため、手の脂や皮脂でディスプレイが曇ってしまうんですよね~。

 ディスプレイの保護フィルムの中には、AFP(防指紋性)コーティングという指紋がつきにくいコーティングを施したものもあります。

「AFPコーティング」そんな便利なコーティング剤があるなら、もっと他のところにも施したいと思いませんか? 手でベタベタ触るスマートフォンだからこそ、いっそのことボディ全部に施しちゃえば、長くキレイに使えそうです。

 調べてみると、AFPコーティングというのは、どうやらフッ素コーティングのことのようです。フッ素という名前は一度くらいは耳にしたことありますよね。フッ素樹脂というのはフッ素と炭素のみで構成された樹脂らしく、代表的なフッ素樹脂 PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)は、デュポン社が「テフロン」として商品化しています。

 テフロンと聞くとより身近な存在ですね。フライパンなどにテフロンコーティングって書いてあったりしますよね。滑りをよくし、焦げ付きを防止するなどの特徴がありますよね。
 フッ素樹脂というのは、一旦、フッ素原子と炭素原子が結合してフッ素樹脂の状態になると滅多なことでは分解しないらしく、これが滑りのよさや、汚れ付防止に繋がってくるようです。

 私が愛用しているのは、プロ向けの自動車ガラス用のフッ素コート剤です。

 Spring Wood Co.というプロ用の自動車コーティング剤、メンテナンス剤などを販売している会社から(Yahoo!ショッピング店があります)購入しています。最初は、車のガラスに塗布して使用していましたが、半年経っても撥水性が落ちないことに驚きました。説明書には耐久性は1年と書かれていますので、まんざら嘘ではなさそうです。市販されてるSuper Rain Xなどのシリコン系撥水剤は1月も経てば撥水力が落ちてきますから、フッ素樹脂の結合力=耐久性は半端じゃないですね。 

 これをスマートフォンに塗れば、全面AFPコーティングできちゃうわけです。
 塗布方法はいたって簡単。

 まずは、スマートフォン全体をアルコールで脱脂します。 アルコールは薬局などで売ってるものが良いです。

 

 無水エタノールがベストですが高価なので、私は、500ccくらいのボトルに入った燃料用アルコール(メチルアルコール等)を使用しています。(引火には十分注意してください)

 

 どちらのアルコールも、脱脂用としていろいろ使えるので、500ccを持ってても重宝すると思いますよ。特に、スマートフォンのお手入れで使えば、皮脂でベトベトになったディスプレイも簡単にキレイになりますので、大活躍です。

 で、コーティング剤は2液混合タイプなので、A液とB液それぞれを同じ滴数、小さくちぎったティッシュペーパに垂らします。後はスマートフォン全体に塗って終了です。揮発も早く粘度も水のようにサラサラしているので、誰でもむら無く塗れると思います。

 コーティング後のスマートフォンは手触りが良くなり、タッチ操作もやりやすくなります。要はテフロンコートのフライパンと同じです。指滑りが多少良くなります。

 ただし、塗装面に塗るときは注意が必要かもしれません。ものによってはうっすらと塗料が落ちる可能性もあります。端の方で試し塗りすることをお奨めします。私は限定版PS3の塗装面に塗りましたが、うっすら落ちた塗料がティッシュに青白く付いていました。本当にうっすらなので、全く問題はないですが、試し塗りをしたほうが良いでしょう。塗装面にフッ素をコーティングする際のポイントは、フッ素コーティング後に再度アルコールで脱脂を行うことです。落ちた塗料がムラとなって残るので、これをアルコールで除去します。ちなみに、フッ素コーティング後は、アルコールで拭いても塗料は落ちなくなります。つまり、フッ素樹脂が塗装面を覆ったことで、塗膜が侵されなくなった証です。さすがフッ素樹脂!

 あまりに便利なコーティング剤なので、この年末の大掃除の際に、家中の窓や水回りなどにコーティングしようと思っています。特大サイズも売ってます。

 窓に塗ると、水垢が付きにくくなるし、汚れ落ちが断然良くなるので、水回りなんかは特にお奨めです。

 また、ゲームのコントローラなんかに塗ると汚れにくくなり、手触りもしっとり手になじむ感じになります。PSPやDSに塗るのもいいかもしれません。

 それから、私はMacBook AirやVAIO Pにも全面にフッ素コートを施しました。特にキーボード面は汚れにくくなることと、長年使っていると手垢が付いてくるのを防止できればなと期待しています。

 用途は無限に広がりそうです。ここ最近の一押しです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!



ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« PT2が2枚手に入りました | トップページ | いつの間にかGalasy Tab & Sony Reader ユーザの私 »

HTC Desire」カテゴリの記事

Softbank」カテゴリの記事

XPERIA」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

おすすめ」カテゴリの記事

液晶保護シート」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

docomo」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンに純フッ素コーティングで防汚性アップ:

« PT2が2枚手に入りました | トップページ | いつの間にかGalasy Tab & Sony Reader ユーザの私 »