« ヨドバシカメラの対応は非常に残念 | トップページ | 大人気なスマホケース »

2011/10/24

Kinoppy (紀伊國屋BookWebPlus)の使い心地がよい



 電子書籍販売がだんだん充実してきましたね~。

 今更ながら紀伊國屋書店 BookWebの電子書籍サービスBookWebPlusの公式アプリ「Kinoppy」を使ってみました。今はiPhone/iPad/iPod touch、Android、PC版のアプリがダウンロードできます。

 

 とりあえず、450円という下記の本を購入してみました。

 

 最初にPCで購入したのですが、購入した書籍はKinoppy for PCの書棚にダウンロードされます。

Kinoppy_for_pc
 上の画像には故スティーブ・ジョブズ氏本人が公認した、唯一の評伝「スティ-ブ・ジョブズ 〈1〉」もダウンロードしてます。ちなみに10/24(本日)発売となりました。こちらも初購入にはもってこいかもしれません。

スティ-ブ・ジョブズ 〈1〉
(紀伊國屋BookWebへ)

 話を元に戻しますが、とりあえず最初はPCで購入した書籍ですが、Kinoppy for iPadの書棚を開くと、PC上と同じものがダウンロードされています。

Ipad1_2
 同様にiPhone版で開くと、こんな感じ↓

Iphone0
 ご覧のように、しっかり同期されてます。つまり、機種を超えて書棚が同期されるようになっているのです。もちろん、Androidでも同様です。念のためAndroid版Kinoppyの画像も掲載しておきますが、スクリーンショットをとったタイミングの問題で、「スティ-ブ・ジョブズ 〈1〉」が抜けていますが、その後はしっかりダウンロードされていますので、あしからず。

Android1
 で、もっと便利なのが、読み終えたページも同期してくれるんところ。つまり、帰宅途中の電車の中ではスマートフォンで読書。家に帰ったら、その続きをiPadでという感じに、端末をまたいで読み継げるのです。日経電子版アプリとかでも見習ってほしいものです。
 そしてそして、マーキングした部分も同期してくれるのは非常に便利。とりあえず、下の画像のようにiPadでマーキングをしたとします。

Ipad3
 これを、他の端末で開くと、同じところがマーキングされているのです。
 まずはiPhoneで開くとこんな感じ↓
Iphone2
 Androidで開くとこんな感じ↓
Android5
 ちなみに、フォントのサイズがそろっていないので、あしからず。

 フォントのサイズは1%刻みで調整できます。たとえばiPadで調整してみます。一度、画面をピンチイン or ピンチアウトして画面内の仮想の本のサイズを“好みのフォントサイズ”になるように調整します。下の画像は、56%になるようにiPadの画面をピンチインした直後の状態です。

Ipad4
 この後に、画面右上にある「AA」とあるフォント調整ボタ(?)を押すと、フォントサイズは56%のまま、文字レイアウトが再調整されます。

Ipad5
 結構自由度が高いと思います。

 文字のバックも紙っぽくグラデーションがついていてなかなかいい感じなんです。

 ちなみに、紀伊國屋BookWebPlusで購入した電子書籍はSony Readerでも読めますので、目の疲れが気になるときは電子ペーパ端末を使うという使い分けもありだと思います。

  


ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« ヨドバシカメラの対応は非常に残念 | トップページ | 大人気なスマホケース »

XPERIA」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

おすすめ」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

SONY」カテゴリの記事

docomo」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kinoppy (紀伊國屋BookWebPlus)の使い心地がよい:

« ヨドバシカメラの対応は非常に残念 | トップページ | 大人気なスマホケース »