« Sonyよ! 高容量リチウムイオン電池“Nexelion”を早くスマホに採用して! | トップページ | Sony 『Crystal LED Display』はものにしてほしい! »

2012/01/19

iPhone/iPadアプリ「AV Player」は動画/録音ファイル視聴に最強かも



 iPhone4S 64GBに機種変更後、正直64GBの大容量をもてあましていました。
 とりあえず曲をたくさん入れてはみたものの、通勤中に聴く曲は決まった曲ばかり。ドライブではiPod 5thを使っているので、iTunesの曲は全てそれに同期。iPhone4Sの空きメモリを利用する目的が、しばらく思い浮かびませんでした。

 ですが、先月、iPhoneアプリ「AVPlayer」/iPadアプリ「AVPlayerHD」を導入してから、その悩みが解消しました。現在は空きメモリがほぼ完全に埋まっています。

AVPlayer
¥250
(iTunes Store)
AVPlayerHD
¥250
(iTunes Store)
 

 このアプリ、商品説明を引用すると「AVPlayerで、ほとんどの動画ファイルを別の変換過程なしにすぐにiPhoneですぐに見ることができます」と言うとおり、iPhoneで標準サポートしていない形式の動画ファイルや音楽ファイルを再生できちゃいます。

Av_player
 私の場合は、かの有名なデジタルTV放送受信PCボード「PT2」を愛用しているので、TV録画ファイルがPCのHDDにどんどん溜まっていきます。しかもキーワード録画でお任せ録画しているので、TV視聴に割ける時間のキャパを遙かに超えて溜まってしまうので、どう消化していくかが一つの問題でした。休みの日にTVの前でひたすら録画番組を消化するのもどうかと思うわけです。他にやりたいこと沢山ありますから。
 同時に、radikoのストリームもradikaを使って週4日2時間45分の放送を録りためているので、この視聴もできたりできなかったり。聞きたい番組はそれ以上にあるので、全部聴きたい。のですが、無理だったわけです。

 ですが、この「AVPlayer」/「AVPlayerHD」を導入してからはその悩みが解消しつつあります。この「AVPlayer」/「AVPlayerHD」はPT2で録画したフルHDのmpeg2放送ストリームファイル「*.tsファイル」もiPhone4Sで再生できちゃいます。
 再生速度は0.5x、0.75x、1x、1.1x、1.2x、1.3x、1.5x、1.75x、2xまで再生中に可変です。

Av_player_mpeg4_avc_2
 iPhone4SやiPadは、公称では720p 2500kbps mpeg4 AVC/H.264ファイルが再生可能ですが、AV Playerでは、この形式であれば2xまで速度をあげてもコマ落ちもすることなく視聴できてます。再生速度2xということは2時間番組が1時間で見終わるので、時間短縮になります。さすがに放送波の生tsファイルは2x視聴すると、映像がついてこなくなったり、画像が乱れます。下の画像のモザイク以外の部分に、映像の乱れが確認できると思います。

Ts_file_2x
 ですが、tsファイルは1ファイル 10GB単位で溜まっていくので、tsファイルをmpeg4 AVC/H.264にコンバートして1GBくらいに圧縮して運用した方が便利です。ファイルが大きいと、iPhoneにコピーするだけで時間がかかりますし、あっという間に容量圧迫しますから。
 ちなみに、私は持ってませんが、intel 第2世代 Core i3/i5/i7 CPU + 特定のintelチップセットの組み合わせでは、CPU内蔵のハードウェアエンコーダが利用可能になり、エンコード時間は番組時間より大幅に短縮されるそうですし。

 それから、radikoの録音ファイルも再生速度可変なので、最大2倍速で聴取できます。まぁ、速聴ってやつにもなりそうですし。便利です。バックグラウンド視聴も可能なので、他のアプリを使いつつ聴くこともできます。

Av_player_m4a_playing

 で、ファイルの転送方法はというと4通りあります。あっ、転送と言っても、iOSのセキュリティ上、iOSのカメラロールにファイルをコピーはできません。あくまでも、AV Playerのアプリ内領域にファイルを転送する事になります。

  1. iTunesから転送する
  2. iPhone/iPadをFTPサーバにしてPCのFTPクライアントソフトでファイルを転送する
  3. iPhone/iPadをHTTPサーバにしてPCのブラウザからファイルを転送する
  4. LinkStationなどのFTPサーバにAVPlayerからアクセスしてファイルを取得する

 一番シンプルなのは1番のiTunesを立ち上げて転送する方法でしょうか。
 GoodReaderなどの他のアプリ同様、iTunesをPCに接続して(WiFi接続でもいけるのかも)、接続した「iPhone」を選択して"App"タブを選択。iTunesの右画面下の方に「AVPlayerアイコン」があるので、それを選んで追加ボタンで好きなファイルを選んで転送できます。

Itunes
 ですが、私のおすすめは、「AVPlayer」/「AVPlayerHD」のよいところ、“HTTP/FTPサーバ機能”を利用する2番、3番の方法です。iPhone/iPadでアプリを起動/待機させておけば、WiFi経由でPCからファイルをiPhone/iPadに転送できます。

Av_player_wifi_transfer
Av_player_wifi_transfer_waiting
 中でもおすすめは2番のFTPサーバを利用する方法です。

 この方法だとFTPクライアントソフトが必要ですが、一度に複数のファイルを転送できて、後述する3番のHTTPサーバ利用よりアドバンテージがあります。私は定番「FFFTP」(リンクは窓の杜)を利用してます。下の画像が転送完了後の画面になりますが、左の窓から右の窓に転送したいファイルをドラッグ&ドロップするだけです。ちなみにiPhone/iPad内のファイルも削除できます。

Ffftp_finished_
 転送中はこんな画面が出ます。
Ffftp_transferring_2
 FFFTPの接続設定は下記の通り。AVPlayer側の設定はデフォルトのままです。
Av_player_wifi_transfer_setting
 ホスト名(アドレス)はAVPlayer上に表示されている値を入れてください(アドレスのみOK。例えば、ftp://192.168.1.6:2121なら192.168.1.6だけでOK)。あとanonymousにチェックを入れておきましょう。
Ffftp_setting1
 ポート番号は「2121」に設定します。
Ffftp_setting2
 文字コードはAVPlayerでは標準でUTF8ですが、FFFTPの設定は自動判別でいけてます。
Ffftp_setting3
  FTPサーバ利用の方法はこんな感じです。

 つづいて、たぶん、一番手軽なのは3番目の方法で、iPhone/iPadをHTTPサーバとして起動して、PCのブラウザを使ってファイルを転送する方法でしょう。ここでの例だと、ブラウザのアドレス欄に「http://192.168.1.6:8080」と入れれば、下図の様なブラウザ画面が現れるはず。画像下部に「参照」ボタンと「submit」ボタンが確認できると思います(見にくいかも)。
Http_
 ですが、この方法だと転送したいファイルを1ファイルずつしか転送できないので面倒です。

 最後の4番が、本来ならPCを立ち上げる必要がないので、一番使える機能だと思うのですが、現時点(2012/1/19現在)で文字コードShift JISがサポートされていないため、LinkStationにアクセスすると日本語が文字化けしてしまってファイルを取得できません。作者さんに要望出してみようと思います。

 まだ、まだ改善余地はあると思いますが、今利用できるメディアプレーヤーアプリの中では一押しのアプリです。

AVPlayer
¥250
(iTunes Store)
AVPlayerHD
¥250
(iTunes Store)



ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね

|

« Sonyよ! 高容量リチウムイオン電池“Nexelion”を早くスマホに採用して! | トップページ | Sony 『Crystal LED Display』はものにしてほしい! »

iPhone」カテゴリの記事

おすすめ」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone/iPadアプリ「AV Player」は動画/録音ファイル視聴に最強かも:

« Sonyよ! 高容量リチウムイオン電池“Nexelion”を早くスマホに採用して! | トップページ | Sony 『Crystal LED Display』はものにしてほしい! »