« 新型AppleTVはしっかり差別化。シングルコアA5採用 | トップページ | iOS5.1でH.264ハイプロファイル4.1へ。
最大ビットレートはいくつなの? »

2012/03/09

AppleTVに思うこと。DLNAに対応して欲しい。


新型AppleTVが3/16発売となりますが、前々から思うことがあります。

「AppleTVがDLNA対応になったらほぼ完璧なSTB(Set Top Box)になる」
ということ。

iOSデバイスを持っている人なら、
AirPlayでiOSモバイルデバイスの画面を
AppleTV経由で液晶TVにミラーリングして、
コンテンツを家族や友人と一緒に楽しめるのは
ご存じかと思います。

何かと話題に上るAirPlayですが、
歴史的にはDLNAの方が古くからある規格で、
家電とPC業界がネットワーク上のコンテンツを相互利用
できるように規格化されたモノがDLNAです。

ただ、初期の頃のDLNAは使い勝手が悪く、
再生できるビデオもあれば出来ないビデオもあったり、
コンテンツの検索性も信頼性がイマイチなところもあって、
正直、あまり使いやすいモノではありませんでした。

DLNA陣営がそうこうしているうちに、
AppleがAirPlayなるDLNAとは関係ない
独自規格を立ち上げてきたのです。

Appleの仕事はさすがなもので、
UIが非常に優れていたんですね。
直感的な操作で、手元にあるiOSデバイスから
AppleTV経由で液晶TVにコンテンツを
映し出してみせました。

それを見たDLNA陣営は、
これはまずいと思ったのでしょう。
それ以降、例えばSonyのAndroid端末に搭載された
「Throw」なる機能は、AirPlayにちょっと脚色した感じの
UIを採用して、DLNAの使いにくさを解決してきたのです。

ただ、DLNAは家電とPC業界がこぞって規格化したものなので、
採用している機器は沢山あります。それこそ液晶TVや
HDDレコーダ、PS3などなど。
DLNA認証が取れてるモノなら、相互接続が可能なはずです。

と、まぁ、こんな感じで、AirPlayとDLNAには歴史があるわけですが、
AppleのAirPlayはApple独自規格で自社製品で
囲い込みかけるための規格にしか見えません。
DLNAとは相互互換性はないようですし。

ユーザからすれば、やっかいな壁が立ちはだかってるんですよ。

AppleTVがDLNAをサポートしたら、
世に出回ってる安価な液晶TVにもDLNA機能が付加できて、
AirPlayとDLNAによってネットワークコンテンツを隔たりなく
TVモニタで楽しむことが出来るのに・・・。

A4チップ搭載のAppleTVも旧型になることだし、
JBしてDLNA機能を追加できないものかな?
と思う今日この頃です。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ

|

« 新型AppleTVはしっかり差別化。シングルコアA5採用 | トップページ | iOS5.1でH.264ハイプロファイル4.1へ。
最大ビットレートはいくつなの? »

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

AppleTV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AppleTVに思うこと。DLNAに対応して欲しい。:

« 新型AppleTVはしっかり差別化。シングルコアA5採用 | トップページ | iOS5.1でH.264ハイプロファイル4.1へ。
最大ビットレートはいくつなの? »