« iOS5.1リリースで、iPhone4Sのビデオ性能もアップしてた | トップページ | iPad3、iPhone4SもH.264 1080p対応
新型AppleTVはプロファイルが若干異なる »

2012/03/08

iPhone4SのBluetoothって4.0だったっけ?


 iOS5.1のリリースとともに、もう一点iPhone4Sのスペックシートに変更があったようです。

 なんと、Bluetoothのバージョンが4.0になってるんですよ。
 AppleのiPhone4Sの仕様ページを確認してみてください。

 

Iphone4s_bluetooth4

 それとも、知らなかったのは私だけ?

 ハードウェア的には変更ないはずのiPhone4Sが本日からBluetooth4.0対応となったということは、4S発売当初からBluetooth4.0対応チップをのせていたということですよね?

 詳しいことはよく分からんが、Bluetooth4.0は、従来のBluetoothとは名前は似ていて非なるもの。Bluetooth Low Enagyと呼ばれるボタン電池一個で一年以上駆動できる省電力性能を誇っているが、これまでのBluetoothとは互換性がないという。

 Bluetooth4.0搭載機器(例えば腕時計とかはシングルモードチップ搭載)はBluetooth4.0搭載の「PCや携帯電話」(デュアルモードチップ搭載)としか通信できない。iPhone4Sは「PCや携帯電話」側なので、デュアルモードチップ(4.0と3.0以前の両Bluetooth)搭載なので、iPhone4Sを使っている限りでは、使用上は特に意識することないはず。

 で、互換性を捨ててまでBluetooth4.0を推し進めている理由は、Bluetooth Maniaxによれば、

 「血圧計や体重体脂肪計といった健康管理機器、あるいは万歩計・サイクルコンピュータといったスポーツ関連機器をPCや携帯電話と接続して、取ったデータをblogやクラウドサーバに送ってダイエットや医療に活かそうというような用途がひとつ。
 また、無指向性(赤外線のようにリモコンをテレビに向けなくてもいい)である特性を活かしてAV用リモコンなどにも搭載が期待されています。」


とのことで、Bluetoothの搭載機器が数倍~数十倍に増えるだろうとのこと。

 確かに、私の在籍する会社でも、Bluetoothは電力を食うから採用を見送った事実がある。しかし、Bluetooth4.0の登場で、そんな状況は変わるのかも知れない。


 まだ対応製品は少ないが、CASIO G-SHOCK Bluetooth Low Energy対応 GB-6900-7JF
は最近出た製品の代表格。商品説明によれば

「タイムゾーンの異なる国や地域に移動しても、現在地の時刻を自動で取得するスマートフォンの時刻に、G-SHOCKの時刻を合わせることができます。この 他にも、スマートフォンの音声通信メールの受信を時計画面上で表示、G-SHOCKを軽く叩いてスマートフォンの着信音やバイブレーションを停止させるな ど、無線連携ならではの機能を搭載しています。更に、これらの無線通信機能を搭載しながら、コイン型電池で約2年という電池寿命を実現・・・」

 まだ、未来予想図ははっきり描けませんが、とても楽しそうなガジェットが登場しそうな予感がしますね。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ

|

« iOS5.1リリースで、iPhone4Sのビデオ性能もアップしてた | トップページ | iPad3、iPhone4SもH.264 1080p対応
新型AppleTVはプロファイルが若干異なる »

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4SのBluetoothって4.0だったっけ?:

« iOS5.1リリースで、iPhone4Sのビデオ性能もアップしてた | トップページ | iPad3、iPhone4SもH.264 1080p対応
新型AppleTVはプロファイルが若干異なる »