« XPERIA acro HD & NX 液晶が超キレイだね~ | トップページ | SBエナジーの太陽電池パネル性能比較実験がおもしろい »

2012/04/08

ソフトバンク、2012年秋以降LTEサービス開始。
こりゃ、iPhone5発売時期を意味してるんじゃない?(内容追記)

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!


ソフトバンクモバイルは2012年4月2日、2012年秋以降からFDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)を展開する公式発表を行いました。

Softbanklte

この方式はdocomoのXi、Emobile LTEと同方式で、月額5985円で定額サービスを提供するという。2012年秋以降にネットワークの稼働を予定。対応エリアは全国の主要都市から順次拡大する。

毎月のデータ量が7GBを超えると、その月末まで通信速度を128Kbpsに制限する方法をとっていて、7GB超過後は2GBごとに2,625円を支払うことで速度制限が解除される。

定額料金、データ制限閾値、2GBごとの追加料金設定など、docomoと同じ設定を取っており、“低価格”という価格破壊を起こし続けてきたソフトバンクらしからぬ価格設定。低価格で自らの首を絞めてきたソフトバンクが、その呪縛から逃れるかのように見えて、正直残念な気もする。

で、価格のことは、ひとまず置いといて・・・。

“2012年秋以降稼動予定”というところにピンとくるのは、
「次期iPhone対策じゃね?」ということ。

iPad 2012はLTE対応してるので、次期もiPhoneはLTE対応だろうから、それに備えてソフトバンクがインフラ整備を進めるのではないか?と見ることもできる。

また、今秋というと、iPhoneチップのCPUコア ARM Cortexの新型コアCortex-A15のリリース予定10月とも重なるので、時期iPhone(iPhone5?)の発売もこの秋、しかも10月説が濃厚になるのではないだろうか?

<kazさんのコメントにより内容追記 2012/4/11>
どうやら、次期iPhoneに搭載されるLTEチップは日本のLTEには対応しないらしい。

日本のdocomoとSoftbankのLTEは バンド1という、周波数帯2100MHz方式。
auはバンド11:1500MHz帯を予定している。
docomoもバンド21:1500MHz帯でのサービスを予定している。

それに対して米国AT&Tは現在、バンド4:上り1700/下り2100MHzとバンド17:700MHz帯でサービスを展開しているるが、今後、AT&Tはバンド13、14(700MHz帯)、ベライゾンワイヤレスはバンド12(700MHz帯)でのサービス提供を予定していおりいずれも700MHz帯への移行が進みそうだ。

現在、LTEを導入しているのは米国AT&T、欧州、北欧、香港、韓国、そして日本のようだが、欧州は3Gがようやく普及した段階で、まだLTEは様子見的な状態だと言う。
そうなってくると、iPhoneを供給するSoftbankがLTEサービスを提供していない現段階では、LTE搭載のiPhoneを日本で販売したとしても宝の持ち腐れ名わけで、意味が無い。それに、主ターゲットの米国とは周波数帯が異なるため、そのまま持ってきても使えないことになる。

docomoが700MHz帯を取得しLTEを始めれば話は別だが、その計画が明らかになっていない今現段階では、Softbank用に2100MHz帯の特別なチップを載せてくるとも考えにくい
ので、次期iPhoneでは日本版LTE対応はないのでは?と言う結論になってくるわけです。

結局ね、日本で2100MHzのLTEサービスを普及させたものの、世界標準からは外れていて、またしてもガラパゴス化したってことですわ。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!

|

« XPERIA acro HD & NX 液晶が超キレイだね~ | トップページ | SBエナジーの太陽電池パネル性能比較実験がおもしろい »

Softbank」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

コメント

kazさん
ご指摘ありがとうございます。

LTEでも世界共通規格はできずですね~。
LTEが始ってるのって北米と日本くらいなんですよね?
欧州はようやく3Gが普及した段階みたいだし、
LTEはまだ先の話なんですよね?
中国はTD-LTE確定みたいだし。
そうなると、今、LTE端末売るとしたら北米と日本ぐらいしかないですよね。そもそも日本の2100MHz帯LTEも、普及しつつあるのはdocomoですが、どうせdocomoロックだろうから、事実上LTEを提供できるのはSoftbank。だとすると、日本向けLTEチップのせても使われずじまいで無駄ってことですかね。コストも高いみたいですし。
docomoにiPhone供給となれば、多少はなしは変わるかもしれないですね。

投稿: 管理人 | 2012/04/09 21時06分

softbankのLTEは次期iPhoneで採用されるであろうLTEの規格とは別物。
わざわざ両刀使いのiPhoneが出るとは思えないのですが。。。

投稿: kaz | 2012/04/09 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、2012年秋以降LTEサービス開始。
こりゃ、iPhone5発売時期を意味してるんじゃない?(内容追記)
:

« XPERIA acro HD & NX 液晶が超キレイだね~ | トップページ | SBエナジーの太陽電池パネル性能比較実験がおもしろい »