« 実用的じゃないが、次期iPhone5がこうなったら美しい! | トップページ | 絶対お勧め!職人技のZENUS iPad 2012用 本皮ケース »

2012/04/14

噂によく出るiPhone5デザインは、きっとiPod touch 5thだよね?

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


保護ケースの設計データが流出したことで、次期iPhone5?はiPadやiPod touchのデザインを踏襲したようなものが多く見られます。

Iphone53
上のデザイン画はCiccareseDesign社 によるものです。
けど、このデザイン、iPhoneたらしめる“icon”となる特徴がないんですよね?

この画だと、メインボディはマット処理がされており、アルミ+アルマイト処理※1またはステンレス&サンドブラスト処理※2が施されています。これはiPadやMacBookなどのアルミUnibodyの要素を取り入れたものと思われます。
アルミボディであればiPad&MacBookなどで大量生産の実績がありますので、加工技術的には問題ないと思われます。
一方、iPhone4/4Sのサイドフレームに用いられているステンレスを使うとなると、ステンレスは単価が高いこと、切削性が悪いことなどから、Unibodyフレームは可能性は低く、iPod touch、iPod classicのようなプレス成型品になるでしょう。ステンレスのサンドブラスト処理では、もう一つの問題があり、指紋が付着すると拭き取りにくい場合が多いのです。凹凸のサイズの調整にはノウハウが必要です。
※1 陽極酸化皮膜処理≒アルミ表面にミクロレベルの凹凸を作る処理。表面硬度は高まる=傷に強くなる
※2 砂を高速で金属に吹きつけることで、表面に微笑の凹凸を付ける処理

もう一つ気になるのは、裏面全てが金属ボディとなった場合、“アンテナ”部をどこに仕込むかが問題です。

Iphone5macrumors05
iPadでは、アルミフレームのトップをわざわざカットして、プラスチック部品に置き換えてるほどですから、3Gの電波を安定して受信するには”オール金属ボディ”はありえないと思わうわけです。

4_2

逆に、WiFiだけのiPod touchはフレームをカットするような処理をしていないことから、iPod touchであれば CiccareseDesign社のデザイン画もありかもしれないですね。

510ulnw3wl_aa300_

一般的に、ノートPCやタブレットなど、デザインで薄さを強調したいとき(持ちやすくするためでもありますが)、iPadやiPod touchのように端末外周部を丸める処理はよくあることです。なので、ありえないデザインではないでしょう。が、これだけタブレットやスマートフォンが普及してくると、Appleとしては、他との違いを出してくるに違いない。というか、そう期待したい。

Iphone54

最後に、次期iPhone5?では4インチ液晶搭載がうわさされていますが、上の画像のような挟額縁は無理ですよね。強度的に成立しないでしょうから・・・。

そんなわけで、ありふれている次期iPhone5?のデザイン画はiPhone5?ではなく、iPod touch 5thが濃厚じゃないかと思うわけです。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 実用的じゃないが、次期iPhone5がこうなったら美しい! | トップページ | 絶対お勧め!職人技のZENUS iPad 2012用 本皮ケース »

iPhone」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噂によく出るiPhone5デザインは、きっとiPod touch 5thだよね?:

« 実用的じゃないが、次期iPhone5がこうなったら美しい! | トップページ | 絶対お勧め!職人技のZENUS iPad 2012用 本皮ケース »