« さらば「Sony Ericsson Store」、ようこそ「XPERIA™ Store」 | トップページ | 今更ながら再認識。AndroidはmicroSDを入替えられるところメリットだよね »

2012/04/18

nasneは欲しい!!
けど、大事な対応機種が抜けてる気がする

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニーコンピュータエンターテイメントから、
ネットワークレコーダー&メディアストレージ 『nasne(ナスネ)™』
nasne
が発表されました。
Nasne_naname
HDD、地デジ/BS/CSチューナを内蔵した簡易TVレコーダ兼NASのようなもののようです。

DTCP-IPに対応していることから、PS3PS VITASony TabletVAIO、XPERIAなどのSONY製品をネットワークで繋げば、nasneのチューナ経由でTVのライブ視聴、録画視聴ができ、VAIOに繋げばBDやDVDに書き出すことも可能とのこと。

HDD容量は500GBで16,980円。結構手頃なお値段です。
発売日が2012年7月19日。
あと3ヶ月後ですね。

Playstation3ライクな形状はSCEらしいデザインです。
サイズは約43 x 189 x 136mm (幅 x 奥行き x 高さ)。
そんなに大きなものではないので、
TVの後ろに設置してしまえば邪魔にならなそう。

PS3では同時に4台のnasneを登録可能。VAIOなら8台まで接続可能らしいので、8台のnasneを用意すれば8チャンネル同時録画も可能だとか。やるかどうかは別として。

ちょっとスペック表を見てみましょう。

商品名 「nasne(ナスネ)™」
型番 CECH-ZNR1J
発売日 2012年7月19日
希望小売価格 16,980円(税込)
本体色 ブラック
外形寸法 約43 x 189 x 136mm (幅 x 奥行き x 高さ) (最大突起物含む)
質量 約460g
RFチューナー 地上デジタル:ISDB-T x 1
衛星デジタル:ISDB-S x 1
受信チャンネル 地上デジタル:VHF帯(1~12ch)、UHF帯(13~62ch)、CATV帯(C13~C63ch)
衛星デジタル:BS/110度CSデジタル(1032~2071MHz)
内蔵HDD SATA 2.5 inch (容量:500GB)
入出力端子 LAN端子(100BASE-TX、1000BASE-T)
ANTENNA IN(アンテナ入力)端子(地上デジタル/BS/110度CS混合アンテナ入力)
ANTENNA OUT(アンテナ出力)端子(地上デジタル/BS/110度CD混合アンテナ出力)
EXT HDD(外付けハードディスク)端子(USB2.0準拠、Type A)
B-CASカードスロット
ボタン 電源ボタン
IP RESETボタン
インジケーターランプ 電源ランプ
RECランプ
IPステータスランプ
HDDアクセスランプ
電源 AC100V、DC12V/1.5A
消費電力 録画中、2ストリーム配信時:9.5W
省電力モードスタンバイ時:1.5W
ネットワークレコーダー機能 DTCP-IP対応
地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送のライブ/録画コンテンツストリーム配信(ホーム&モバイル機器向け)
録画モード(DR&3倍)対応
リモート録画機器の登録とインターネット経由での録画予約
トリックプレイ/シーンサーチ対応
レジューム再生
DTCP-IP Move対応
モバイル機器への書き出し対応(ネットワーク環境により転送時間が異なる)
ダビング10対応
マルチクライアント対応(DTCP-IPストリームを同時に2本配信)
周波数変更時の自動追従 など
メディアストレージ機能 メディアサーバー機能  
 DLNA1.5対応  
 ライブチューナー(地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送)と録画コンテンツのDMS配信  
 ファイルサーバーに転送された画像/音楽/ビデオファイルをDMSで配信 *1  
 マルチクライアント対応  
 リアル茄子出現システム対応 *1  
 …など
ファイルサーバー機能  
 共有ディレクトリ設定  
 ワークグループ設定  
 …など
その他の機能 Webブラウザアプリケーション“nasne™ HOME”
外付けハードディスク対応(1台の“ナスネ”に1台の外付けハードディスクを登録可能)
省電力モード対応(10分間アクセスがないとスタンバイモードに移行)
“ナスネ”システムソフトウェアアップデート機能
同梱物 “ナスネ”本体 x 1
ACアダプター x 1
電源コード x 1
LANケーブル x 1
アンテナケーブル x 1
B-CASカード x 1
PS3®専用TVアプリケーション「torne(トルネ) ™」(BD-ROM) x 1
クイックスタートガイド

*1 nasne(ナスネ)™システムソフトウェアVer.1.50へアップデートが必要。
* 「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS3」および「PSP」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
* VAIO 、“Sony Tablet” はソニー株式会社の登録商標または商標です。
* “Xperia”は、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
* Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* Gガイド、およびG-GUIDEは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
* その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

PS3用地デジチューナー「torne」はPS3がないと視聴も録画もできない商品でしたが、nasnePS3が無くても、SONY製品があれば使えるのはうれしいところ。

ただ、
SONYとSCEがどこまで壁を作っているかにもよりますが、DTCP-IP、DLNA対応なので、最近のたいていのAV機器であればnasneに録りためたTV番組の視聴はできそうな気はします。例えSONY以外の製品であれ。

ちょっと気になるのは、映像ソースのアウトプットとして最も重要な
SONY製TV「BRAVIA」が抜けてるのが奇妙です。TVの大画面で録画映像を視聴するのがまず最初だろ?と思うわけで、ましてや録画予約とかもするでしょうし。そのTVがあえて抜けてる理由が私にはよく分からない。「Webブラウザアプリケーション“nasne™ HOME”」が搭載されているんだから、TVのブラウザからコントロールもできそうなもんですよね?

確かに、SONY本体の「BRAVIABDレコーダ」の組み合わせに対して、SCEの「nasne」はモバイル機器との連携を全面に打ち出して“棲み分け”させてる気はしますが、ユーザから見れば、どっちもSONYのロゴが入った製品なんだからシームレスに使えて当然だと思うのですが・・・。

現状、torneSONY製BDレコーダと連携させるためには別途有料アプリケーションの購入が必要だったり、いつもながらSONYとSCEの間には壁があるんですよね。

SCEの元CEOの平井氏が
SONY本体のCEOになったんだから、この垣根を取り払って欲しいものです。

まぁ、その辺りは今後の
SONYに期待するとして、とりあえず、nasneは予約開始してるので、まずは予約ですね!

リアル店舗では大手家電量販店として有名な「nojima」のネット店舗「eでじ!!」が“価格.com”での最安値宣言をしてるみたいなので要チェックです。



我が家では、Buffalo LinkStationの 500GB(ミラーリング)を日中常時稼働、同3TB(ミラーリング)を保存用ビデオサーバとして利用していますが、ビデオ格納用として500GBでは役不足です。なので、実運用は1TB~2TBの2.5インチHDDと換装して容量を増やしたいところですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« さらば「Sony Ericsson Store」、ようこそ「XPERIA™ Store」 | トップページ | 今更ながら再認識。AndroidはmicroSDを入替えられるところメリットだよね »

SONY」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

PS VITA」カテゴリの記事

録画PC」カテゴリの記事

TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: nasneは欲しい!!
けど、大事な対応機種が抜けてる気がする
:

« さらば「Sony Ericsson Store」、ようこそ「XPERIA™ Store」 | トップページ | 今更ながら再認識。AndroidはmicroSDを入替えられるところメリットだよね »