« XPERIA ray 北欧版オフィシャルROMのftfが入手可能 | トップページ | Galaxy SⅢリーク画像 »

2012/04/16

SmarWatchは序章に過ぎず。
スマホ連動スマートWatch「Pebble」開発中

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


日本では、Sony SmartWatchがリリースしたばかりですが、“スマートな時計”が当たり前の時代が到来の予感です。

現在、米Pebble Technology(Palo Alto, CA)によって「Pebble: 電子ペーパー時計 for iPhone and Android」という“アプリにより進化する時計”の開発が進められています。

Pebble_triogroup04
Pebbleは、Bluetooth2.1+EDRによりiPhoneまたはAndroidと通信。スマートフォンと連携することで、目的に応じた様々なインターフェースに変幻自在のスマートウォッチなのです。

例えば、サイクリストならハンドルにPebbleをセット。Pebbleは腰ポケットに入れたスマートフォンのGPSにアクセスして、スピードや距離、速度、ペースデータを表示するサイクルコンピュータとして使えます。

Pebble_cycling4
ランナーであれば、同距離、速度、ペースデータを腕元で確認できるランニングウォッチに早変わり。

Running1_2
当然ながら、音楽の再生、早送り、スキップなどの操作もPebbleのボタン操作で行えます。

Music2_2
もし、ゴルファーなら、Freecaddieにある全世界25,000におよぶゴルフコースデータと連携する「Golf rangefinder app for Pebble」を用いれば、スマートフォンを取り出さずして、グリーンまでの距離を確認することも可能です。

Pebble_golf2
Pebbleは電子ペーパー(e-paper)採用しているため、屋外の強い日差しのなかでもしっかりと表示を確認できるのも売りの一つ。表示部のデザインを変えれば、デジタル時計、アナログ時計など見た目も変幻自在なのです。

Pebble_wordclock4

Pebble__combo3
現在、電子ペーパーはモノクロが主流なので、有機EL採用のSony SmartWatchのようなカラー表示はできないものの、自発光体である有機ELは日差しの下で視認性が極端に低下しますが、電子ペーパはその点は心配無用。逆に自発光しないので、暗がりで使うためにバックライを搭載しています。

Pebble_trio_straight
今のところ、カラーバリエーションは“ARCTIC WHITE”、“JET BLACK”、“CHERRY RED”の3色。しかし、ユーザの投票により追加のカラーバリエーションもあり得るとのこと。メインボディはアルミ削りだしのようです。

デフォルト機能は下記のとおり。

  • 着信通知
  • メール
  • カレンダー通知
  • Facebook
  • Twitter
  • 天気予報
  • バイブレーター

Pebble_email1
Pebbleに通知が入った場合は、腕をシェイクすることで通知内容を確認できる仕組み。これはSonyのものより使いやすそうですね。

Pebbleには、下記センサ、デバイスが搭載されています。

  • Bluetoothによるアプリローディング
  • 144 x 168 ピクセル ディスプレイ(モノクロ電子ペーパー)
  • Bluetooth 2.1+ EDR
  • 4 buttons
  • バイブレーター用モーター
  • ジェスチャー検知用 3軸加速度センサー

SDKも公開されていることから、これらのデバイスをうまく組み合わせたサードパーティ製のアプリケーションの普及も期待できそうです。

PebbleはiPhone&iPod touch、Androidに対応予定です。

  • iPhone 3GS, 4, 4S running iOS 5 or any iPod Touch with iOS 5.
  • Android OS 2.3以上、Android 4.0 (Ice Cream Sandwich)!
    今のところ、Blackberry, Windows Phone 7, or Palm phonesには未対応

アプリの配信は、“Pebble watchapp store”により行われ、スマートフォンでアプリをダウンロードした後、Bluetooth経由でPebbleに転送される仕組み。ほぼ完全にワイヤレスで運用できることになります。
電子ペーパを採用しているため、消費電力が少ないため、1回のフル充電で7日以上の動作が可能。充電は、専用USBケーブルで行うようです。
日常生活防水で、水泳やランニング、雨などは問題なく使えるとのこと。

標準でゴム製バンドが付属しますが、22mmの一般的なリストバンドと交換が可能です。

今後の動向に注目したいガジェットですね!!




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« XPERIA ray 北欧版オフィシャルROMのftfが入手可能 | トップページ | Galaxy SⅢリーク画像 »

Softbank」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SmarWatchは序章に過ぎず。
スマホ連動スマートWatch「Pebble」開発中
:

« XPERIA ray 北欧版オフィシャルROMのftfが入手可能 | トップページ | Galaxy SⅢリーク画像 »