« Galaxy SⅢの発表ライブ映像見逃した方!こちらのビデオをどうぞ! | トップページ | Galaxy SⅢに対するBusinessInsiderの記事タイトルが笑える »

2012/05/06

タッチパネルの出荷量減にみる次期iPhoneリリースの気配

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


台湾の情報誌「DigiTimes」によると、iPhone4Sの部品サプライヤー“TPKホールディングス”および“Wintek”からのタッチパネル出荷量が、この第2四半期に15-20%減少し、iPhone4Sが製品ライフサイクルの終わりに近づいてきていると伝えています。

既報の通り、次期iPhoneでは“インセル型タッチパネルディスプレイ”が採用されるとみられています。現行製品や他のスマートフォンでは、液晶パネルの上に、透過型の静電容量式等のタッチセンシングフィルムを貼りあわせ、“タッチパネルディスプレイモジュール”を製造していますが、インセル型タッチパネルに移行すると、ディスプレイパネル内にセンサーが組み込まれるため、タッチセンシング用のフィルムが不要になります。
この技術も寄与して、次期iPhoneのディスプレイは薄くなり、iPhone自体の厚みも薄くなるとされています。


このAppleの動きは、iPhone4Sの市場在庫と、次期iPhone発売を見据えた消費者の買い控えなどを考慮し、次期iPhoneリリースに向けた在庫調整フェーズに入ったことを意味しています。

どのメーカのどんな製品でも当然行われる行為ですが、Appleが第2四半期に入り、この生産調整に入ったことにより、次期iPhoneの今秋のリリース説に加えて、今夏リリース説が浮上してきているようです。


個人的には、情報の少ない現段階でリリース時期を厳密に推測しても、意味のないことだと思っているので、ここではこれ以上突き詰めた話はしません。もし投資家であれば、リリース時期を予想することで“株の買い時”を事前につかむことは重要なことでしょうが・・・。

6月のWWDCにおいて、何らかのアナウンスがあるでしょう。iPhoneのメーカによる確実な情報が手に入るはずです。

と言いながら、これは!と思える情報があれば、このブログで掲載するつもりですが、もしご興味ある方は、「AppleInsider」、「Phones review」、「DigiTimes」などの海外メディアを追いかけてみてください。


ブログを気に入ったらポチッして投票して下さいね
ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« Galaxy SⅢの発表ライブ映像見逃した方!こちらのビデオをどうぞ! | トップページ | Galaxy SⅢに対するBusinessInsiderの記事タイトルが笑える »

Softbank」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

au」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチパネルの出荷量減にみる次期iPhoneリリースの気配:

« Galaxy SⅢの発表ライブ映像見逃した方!こちらのビデオをどうぞ! | トップページ | Galaxy SⅢに対するBusinessInsiderの記事タイトルが笑える »