« 近い将来、iPadはユーザ毎にログイン可能な環境へ | トップページ | 次期Apple Macbook Airは$799~。2012年第3四半期登場? »

2012/05/09

英SonyMobile. XPERIA GXとSXを正式発表。新機能は押しが弱い

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


快適な接続性とエンターテイメント体験をもたらす強力かつ超高速なネットワークLTEに対応。
XPERIA GXはリアルな再現力を実現する4.6インチHDディスプレイと13メガピクセルカメラ搭載スマートフォン。
XPERIA SXは95gの世界最軽量のLTEスマートフォン。

5/9、英Sony Mobile Comnunicationsは日本市場向け新型Xperia™ 「XPERIA GX」と「XPERIA SX」を2012年夏に発売することを正式発表しました。この2機種が日本市場で既発売のXPERIA NXとXPERIA acro HDに加わることになります。

XPERIA GXとXPERIA SXは状況に合わせTV、スマートフォン、PC、タブレットと組み合わせたマルチスクリーンによる画面の共有や接続が可能とされています。

日本市場向けLTE対応 XPERIA

最高75Mbpsのダウンロード速度を実現するLTEに対応したXPERIAは日本初となります。
2機種ともにデュアルコア1.5GHz、クリアブラックパネル モバイルブラビアエンジンを採用。
低照度下でも高画質撮影が可能なExmorR for mobile フルHDカメラを搭載。コンテンツのネットワーク共有機能はDLNAを採用し、HDMIでTVに接続することで、TVのリモコンを使ってXPERIA GXとSXをリモートコントロールすることができる。

新しいメディア機能

ソニー独自のエンターテイメント体験をもたらすために、XPERIA GX/SXには新しいメディア機能が搭載されています。

  • “WALKMAN”アプリケーションによるハイクオリティオーディオ機能
    クリアーステレオ、クリアーBass、VPTサラウンド、マニュアルイコライザー、xLOUD™などWALKMANでお馴染みのSony独自のオーディオ技術、再生中の音楽を独自に解析し様々なイメージで画面を彩ることができるVisualizer(ビジュアライザー)や、Facebookの友達がすすめる楽曲一覧を自動で生成する機能などを特徴としています
  • “Album”アプリケーション
    月別表示や地図上での撮影場所の表示が可能な高速かつ直感的な写真やビデオのブラウジングを実現。Facebookやオンラインアルバムへの連携が可能
  • “Movies”アプリケーション
    高画質・高音質動画のストリーミング再生はもちろん、Gracenote社のメディア情報データベースと連携しコンテンツのイメージ画像や出演者等の詳細情報を加えてコンテンツを楽しむことができます。

XPERIA GXとSXの開発コンセプト

XPERIA GX ~HDでよりリアルに思い出をキャプチャーする~
4.6インチHD解像度ディスプレイと13メガピクセルカメラ、フルハイビジョンビデオカメラにより、いつでもどこでも、忘れられない瞬間をハイクオリティで記録する。
人気を博したXperia arcのデザインを踏襲し、最薄部約8.6mmのスリムボディとマットな質感で手に馴染みポケットに入る形状となっています。

Xperia_gx

XPERIA SX ~世界最軽量LTEスマートフォン~
XPERIA SXはなめらかかつシンプルなデザインの中に高機能を凝縮。重さ95g、薄さ約9.4mmのボディに、ワンセグ、おサイフ、赤外線という日本市場でお馴染みの3種の神器を詰め込みながら、世界最軽量のLTEスマートフォンを実現。手のひらやポケットにすっぽり収まるスリムなデザインとなっています。

Xperia_sx

現在、公式アナウンスにより明らかになっているスペックは下表の通り

項目 XPERIA GX XPERIA SX
CPU 1.5GH デュアルコア 1.5GHz デュアルコア
ディスプレイ 4.6インチ
クリアブラックパネル
モバイルブラビアエンジン
3.7インチ
クリアブラックパネル
モバイルブラビアエンジン
RAM - -
ストレージ 16GB 8GB
カメラ 13メガピクセル
Sony Exmor R for mobile
8メガピクセル
Sony Exmor R for mobile
ワンセグ -
おサイフ
赤外線 -
OS Android 4.0,
Ice Cream Sandwich
Android 4.0,
Ice Cream Sandwich
カラー Black
White
Black
White

現時点ではカラー展開は2色のみとされていますが、おそらくdocomoの夏モデル発表会の場では他のカラーバリエーションもアナウンスされると思われます。というのも昨年モデルのXPERIA arc、XPERIA rayですら、国内3色展開だったこと、docomoの夏モデルキャッチフレーズ「So many people, so many colors.」が謳われていることなどから、白黒2色でこの素材をアピールするに留めるのは、あまりにももったいないと考えるからです。日本専用モデル(おそらくdocomo専用モデル)として展開してくるからには、docomoの意向が強く反映されると思われます。

あくまでも想像ですが、サイズから判断するとXPERIA GXはXPERIA ionベース、XPERIA SXはXPERIA solaがベースと見られます。ベース機種のRAMはそれぞれ1GB/512MBとなっているため、SXは少々非力さを感じる場面も有るかもしれませんが、ストレージ容量が十分確保されていることから、昨年モデルarc/acro/ray/playで感じたような「Androidはアプリを沢山インストールできない」というイメージは払拭されているでしょう。

しかしながら、先日発表されたSAMSUNG Galaxy SⅢと比較すると機能的な先進性はあまり感じられません。中でもXPERIA GXは性能面・機能面でGalaxy SⅢと競合する機種となりそうですが、新機能が弱すぎます。強みをあげるとすれば、Galaxy SⅢはNFC搭載であるのに対してXPERIA GXは“おサイフ”搭載なので、その機能を重視するユーザには受けは良いかもしれません。
一方、日本特有の携帯文化にマッチした「ワンセグ、おサイフ、赤外線」を搭載したXPERIA SXは、Xiにも対応し、サイズ的にもコンパクトサイズであるため、カラー展開次第では男性ユーザだけでなく、女性ユーザの支持を得られると思われます。

両機ともに夏ごろの発売を予定しており、この夏以降の大人気モデルとなるのは間違いないでしょう。LTE対応(Xi対応)スマートフォンを検討している方は要チェックです。

情報ソース:Sony公式サイト英Sony Mobile


ブログを気に入ったらポチッして投票して下さいね
ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 近い将来、iPadはユーザ毎にログイン可能な環境へ | トップページ | 次期Apple Macbook Airは$799~。2012年第3四半期登場? »

XPERIA」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

SONY」カテゴリの記事

docomo」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

au」カテゴリの記事

Google」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英SonyMobile. XPERIA GXとSXを正式発表。新機能は押しが弱い:

« 近い将来、iPadはユーザ毎にログイン可能な環境へ | トップページ | 次期Apple Macbook Airは$799~。2012年第3四半期登場? »