« iPhone5の小型ドッグコネクタリーク写真 | トップページ | 予想は的中!? iPhone5のユニボディ構造を工業デザイナが分析 »

2012/08/12

Fusso de COATを自動車ガラスに施工したらすごかった!

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


愛車のホンダ エアウェイブですが、フロントガラスに飛び石を受け、40cmのヒビが入ってしまった件は既報の通り。

現在、車検も無事終わり、家に戻ってきてます。

で、本日、タブレット用のガラスフッ素コート剤を施工しました。
使用したのは株式会社アピロスのFusso de COAT。

揮発性の液体なので、夏場より冬場の方が施工には向いてるかもしれませんが、冬まで待ってられないので、夕方18:00以降、気温が下がってきた頃をみはからって施工しました。

ボトルから液体をドボドボっと出すのではなく、一滴垂らしたらすぐに塗り伸ばすように気をつけて、下から上手く塗り広げていけば、1本でフロントガラス一枚を施工できました。が、むらなく施工するために、2本使って仕上がりを重視しました。

<追記:2012/9/1>
その効果、数値的なところは上記Amazonのページに詳しく書かれているので、そちらに譲るとして、実際に走ってみてどうかを映像で記録してみました。効果のほどを確認下さい。

まず、最初の映像は、国道で時速40kmくらいまで加速した後、アクセルペダルを離した時の様子です。ブレーキを踏んだときに、水滴が“ダー”っと自然落下する様子が、その辺の撥水コート剤より遙かに高速です。

しかも、この水滴の落下は、アクセルを緩めたと同時に始まるのです。実際に見ていると壮観です。

続いて、停車中にワイパーを動かした際の様子をご覧下さい。

これも、実際に見ていると水滴が踊っている様に見えて、Fusso de COATの撥水力の高さを実感できます。何より、ワイパーの動きがスムーズになり、“摩擦抵抗の少なさ”を感じることができます。

本来なら、走行風によって水滴が吹き飛ぶ様を撮影できればよかったんですが、今夏は降水量が少なく、今回のビデオ撮りも通り雨に出くわした“偶然的”なものなのです。ということで、走行中の水弾きの様子は後日にご期待下さい。



ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« iPhone5の小型ドッグコネクタリーク写真 | トップページ | 予想は的中!? iPhone5のユニボディ構造を工業デザイナが分析 »

おすすめ」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559428/55409670

この記事へのトラックバック一覧です: Fusso de COATを自動車ガラスに施工したらすごかった!:

« iPhone5の小型ドッグコネクタリーク写真 | トップページ | 予想は的中!? iPhone5のユニボディ構造を工業デザイナが分析 »