« パソコンメガネ”JINS PC”購入。眠りつきがよくなった。 | トップページ | SoftBankがEMbile取得!
SoftBank版iPhone5 LTEは2バンド対応へ. »

2012/09/30

iPhone5 SoftBankの4G LTEはまだ空いている

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

9/21のiPhone5発売と同時にサービスインしたSoftBankの4G LTE。

FDDーLTEとしてはSoftBank初のサービス。
(Ultra Speedとして営業してきたTDD-LTEは、マイナー方式。採用するのは中国くらいでしょう)

ようやくdocomo、au、SoftBank、Emobileの4社が規格統一されることとなりました。ただし、各社の周波数帯が異なるので、完全互換とは言い切れません。

とりあえず、iPhone5ユーザがまだまだ少ないこともありSoftBankに関してはLTE回線が空いているようです。

iPhone5が対応するLTEの周波数帯は、日本では2.1GHzだけなので、遮蔽物回り込み特性が弱いため、場所により速度はばらつきますが、総じて3Gより3倍くらいの速度が出ています。

手元のiPhone5だと、遅くて4Mbpsくらい。
アンテナが見通せるような所では、22Mbpsを記録しています。
20MbpsとなるとNTTの光ファイバと同等と言っていいでしょう。

ただ、エリアはまばらで、電車で移動しているとLTEエリアと3Gエリアが切り替わります。首都圏はどうか知りませんが、横浜都市部はLTEエリアですが、少し外れると3Gになってしまいます。3Gエリアの方が圧倒的に多いです。

とは言うものの、iPhone5が発売して間もないこともあり、ユーザ数が少ないためか、回線占有率は低く、そのおかげで速度が出ていると考えられます。今後、iPhone5ユーザ、LTE対応スマホが普及してユーザ数が増加すれば、docomo Xiのように全然高速じゃない回線に堕落する可能性もあります。タイミングにもよるでしょうが、docomo Xiの速度は、3Gとたいして変わらないですからね。SoftBank 4G LTEが、そうならないことを願いたいものです。まぁ、それは無理か・・・。

その点、EMobile LTEは他社に比べればユーザ数も少なく速度も出やすいと、私は予想しています。EMobile LTEもサービスイン当初に比べるとユーザ数が増えたようで、朝のラッシュ時などは速度が出にくくなりましたが、今後のSoftBank 4G LTEの速度低下はEMobileのそれよりも激しいと思うのです。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« パソコンメガネ”JINS PC”購入。眠りつきがよくなった。 | トップページ | SoftBankがEMbile取得!
SoftBank版iPhone5 LTEは2バンド対応へ. »

Softbank」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

docomo」カテゴリの記事

モバイルルータ」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

au」カテゴリの記事

LTE」カテゴリの記事

4G」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone5 SoftBankの4G LTEはまだ空いている:

« パソコンメガネ”JINS PC”購入。眠りつきがよくなった。 | トップページ | SoftBankがEMbile取得!
SoftBank版iPhone5 LTEは2バンド対応へ. »