« Appleの米デザイン特許勝訴の波紋
ホンダがトヨタを訴える日がくるのか?
| トップページ | iPhone5 スベスベ手触りを実現するガラス製保護フィルムが登場 »

2012/10/07

iPad miniはRetinaディスプレイだったらライバル不在なのに・・・。

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


今月に発売開始が噂される、小型版iPad 通称「iPad mini」。

噂では、画面サイズが7.85インチ、解像度が1024×768と言われています。

Google Nexus7、Amazon Kindle Fireに対抗するため予想価格がUS$299とされており、スペックを落として低価格化を図った仕様となるとされています。

しかしながら、Google Nexus 7が7インチ 解像度1280×800なのに比べるとiPad miniの画面解像度の低さが気になります。

Google Nexus7は、Googleの広告ビジネスモデル(要するに、ハードを安く売って広告で儲ける。問題となっているコンプガチャ的とも言える)、Android 4.1のリファレンスモデルであることなどを考慮すると、19,800円の価格設定は特別なものとも言えます。

と言うことでiPad miniが価格で負けるのは仕方ないとしても、AppleがRetina解像度戦略を推し進めてきた流れを鑑みると、7.85インチで1024×768という解像度は非常に見劣りするものです。

これがもし、Retinaディスプレイ、解像度2048×1536で価格が1万円上がったとしても需要は十分あると思われます。切りの良いところでFull HD 1920×1080だとしても結構なインパクトでしょう。

現行iPadのラインナップと同様、低価格&低解像度モデルと高解像度&高解像度モデルがラインナップされることを期待したいですね。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ

|

« Appleの米デザイン特許勝訴の波紋
ホンダがトヨタを訴える日がくるのか?
| トップページ | iPhone5 スベスベ手触りを実現するガラス製保護フィルムが登場 »

Apple」カテゴリの記事

au」カテゴリの記事

Google」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

Softbank」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559428/55833961

この記事へのトラックバック一覧です: iPad miniはRetinaディスプレイだったらライバル不在なのに・・・。:

« Appleの米デザイン特許勝訴の波紋
ホンダがトヨタを訴える日がくるのか?
| トップページ | iPhone5 スベスベ手触りを実現するガラス製保護フィルムが登場 »