« 怒涛のGoogle Nexus攻撃開始
驚愕の10インチ 解像度2560x1600のNexus 10!
| トップページ | Nexus10の超高解像度は、新聞紙面ビューアーに活かせそうだが・・・ »

2012/11/04

iPad miniの登場。Appleのもう一つの目的はiPad2のリプレイス。

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


iPad miniが発売を迎え、11/2夜のApple展示スペースは大賑わい。
しかし、私が訪れた家電量販店2店舗ともに、19:30頃でもブラック/スレートの在庫がある状態。16GB、32GBは残り僅か、64GBは余裕があるとのことでした。

今回は、Apple初の7.9インチディスプレイということ、Nexus7やKindle Fire HDより解像度が低いこと、予約は代金先払いであることなどから、実物を見てから購入しようというお客さんが多かったようです。

私も含め、今回は見送りかな・・・という人も多かったのではないでしょうか?

しかし、フタを開けたらビックリ。
スペック的にはライバルに惨敗かと思われたiPad miniですが、「軽さ、薄さ、高級感」などが想像以上のサプライズで、その甲斐あって当日在庫も掃けていったようです。

店員さんの話では「お客さんの反応も予想以上」、「ホワイトを予約していた人も、実物を見てブラックの方が格好いいという人も多かった」などというエピソードもあり、なおのこと当日在庫に飛びつく人も多かったようです。

Ipad_mini_black

今回、オンラインでもオフラインでも、iPad miniの「価格がライバルより高い」、「液晶スペックには残念」という声が多く聞かれます。私もそう思います。

しかし、Apple製品のラインナップを見つめ直してみると、iPad miniが「7インチタブレット市場のシェア争奪戦、価格破壊に追従するためだけに登場したわけではない」ことが分かります。

あくまでも私の推測ですが、おそらくiPad mini登場のもう1つの大きな目的は「低価格層タブレット市場を担ってきたiPad2を引退させること」でしょう。

2012ipad2 しかも、iPad2の引退にもドラマチックでドラスティックな身の退かせ方を求めた結果、iPad miniの誕生に至ったのだと推測します。

仰々しい書き方をしましたが、この裏付けはDockコネクタラインナップにあります。

今回、2012年9月〜11月で、Dockコネクタを用いたiOSデバイス(厳密にはiOSデバイス以外も含む)のほぼ全てが生まれ変わりました。
iPhone5、iPod touch 5th、iPod nano 7th、iPad 4th、iPad mini。
全てが小型コネクタの“Lightning”を採用しています。

しかし、唯一30ピンのDockコネクタを残している製品があります。そう、それは「iPad2」です。

Ipad_mini_ipad2

AppleがiPad2を今後も生産し続けるならば、iPad 4thのアップデートとともにiPad2もLightningに設計変更をしていたでしょう。なぜなら、今秋の大規模再編によって、ケーブル/コネクタの生産ラインもLightningに完全移行した方がコスト的に効率も良いからです。

しかし、それをしなかった。
そうしなかったからには、それなりの理由があるはずです。

Ipad_mini

Appleのうたい文句で
「ミニなのは、サイズだけ。」と強調されています。
このうたい文句の比較対象はiPad2に限定されています。A5X採用、Retinaディスプレイ採用のiPad3と比較してしまうと、このうたい文句は成立しません。

あくまでも、iPad miniは小さくなったiPad2なのです。

そう考えると、性能はほぼそのままに、WiFiモデルの601gを308gに軽量化して可搬性を高めたiPad miniのアピールポイントが前面に打ち出されますし、これならばiPad2の担っていたボリュームゾーンをより安価なiPad miniに譲り渡してもマーケティング的にも問題なさそうな気がします。上位モデルのiPad4thはWiFiモデルでは質量652gもあるので、片手で長時間持つのは非常にしんどいですからね。

で、気になるのはiPad mini with Retinaが出ないかですよね?
iPad2 601gに対してiPad 4thは652g。その差51gです。
高解像度になるとグラフィック処理に電力馬鹿食いになるらしいので、この51g分がバッテリに充てられていると考えると、iPad mini with Retinaも+51gくらいで実現できるできるのでしょうか?350gでRetinaが実現できるのであれば、かなり頼もしい存在ですよね?ライバルNexus7は340gですから・・・。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ

|

« 怒涛のGoogle Nexus攻撃開始
驚愕の10インチ 解像度2560x1600のNexus 10!
| トップページ | Nexus10の超高解像度は、新聞紙面ビューアーに活かせそうだが・・・ »

Softbank」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

au」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

Google」カテゴリの記事

LTE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPad miniの登場。Appleのもう一つの目的はiPad2のリプレイス。:

« 怒涛のGoogle Nexus攻撃開始
驚愕の10インチ 解像度2560x1600のNexus 10!
| トップページ | Nexus10の超高解像度は、新聞紙面ビューアーに活かせそうだが・・・ »