« WindowsでMagicTrackPadを使うより、Logicoolタッチパッドを試すべし | トップページ | 今年のCES ソニーとパナの4K有機EL
共通項は「ITZO酸化物半導体」 »

2013/01/06

SoftBank 4G LTEの基地局近くの速度は下り約32Mbpsだった

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


2012年10月に行われたICT総研による「全国200地点でスマートフォンLTEの通信速度を実測調査結果」によると、4G LTEの平均通信速度は

ソフトバンクモバイル:下り10.79Mbps/上り5.40Mbps
KDDI:下り9.37Mbps/上り4.57Mbps
NTTドコモ:下り7.95Mbps/上り1.66Mbps

という結果だという。

ソフトバンクがトップとは・・・。

まぁ、周波数帯が2.1GHzなので、干渉物があるとずたずたになりそうですが、とりあえず都市部では速い速度を記録しているようです。

EMOBILE LTEもサービスイン直後は8Mbps~11Mbpsが出ていたわけですが、半年以上たった今は速度が落ちているように思うので、ユーザ数が増えると帯域に余裕のないソフトバンクは苦戦しそうな気はしますね。

で、ソフトバンク LTEの通信速度下りは、2バンドが使えるところでは理論値75Mbpsですが、ほとんどのエリアでは1バンドの37.5Mbpsですね。

今回、基地局の近くで速度を測る機会があったので、結果を載せておきます。

下の写真の真ん中にあるポール状のものがソフトバンクの基地局だと思われます。
距離にして100mはなれていないでしょう。

Softbank_base

基地局とスマホ(iPhone5)をさえぎるものはほとんどなし。
これならかなりの速度が期待できそう。

それでは、早速ですが結果を見てみましょう。

Img_3272

6回計測して、下り平均通信速度 32.4Mbps

理論値37.5Mbpsにせまる速度が出てますね。
やはり基地局近くではそれなりの速度が出るのが確認できました。

少し場所を変えて、基地局との間に建物が入ると通信速度は10Mbps強に低下しました。やはり干渉物の影響は大きいわけです。

まぁ、この結果だけ回線品質がどうのこうのという話はできませんが、最高速度はこんなもん!という実測値の一つの証明になると思います。

ご参考まで。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« WindowsでMagicTrackPadを使うより、Logicoolタッチパッドを試すべし | トップページ | 今年のCES ソニーとパナの4K有機EL
共通項は「ITZO酸化物半導体」 »

4G」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

au」カテゴリの記事

docomo」カテゴリの記事

EMOBILE」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPhone4」カテゴリの記事

Softbank」カテゴリの記事

モバイルルータ」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

注目のデバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559428/56484473

この記事へのトラックバック一覧です: SoftBank 4G LTEの基地局近くの速度は下り約32Mbpsだった:

« WindowsでMagicTrackPadを使うより、Logicoolタッチパッドを試すべし | トップページ | 今年のCES ソニーとパナの4K有機EL
共通項は「ITZO酸化物半導体」 »