« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/23

アクションカメラはGoPro?SONY?いえいえこれHX-A100です‼

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


2か月ほど機種選定に迷いましたが、
ついにアクションカメラを購入しました。

購入したのは「Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A100-K」。

GoPro、SONYの2極化が進む中、マイナーなパナソニック製品を選択しました。

これ、頭部に付けるカメラ部の質量が30gしかないんです。軽量なんです。

この軽さだと、スキーでコブの中を激しく攻めても、まったく気になりません。

撮影のために運動するのではなく、ベストパフォーマンスのありのままを残すのに最適なカメラって感じ。やっぱり軽いって大事です。

下の動画は、私がコブの中を滑ってるところ。
スキー技術はイマイチですが、脚の動作チェックにも最適な気がします。


一方、本体部は別体式になっているので、アームバンドで腕に巻き付けることになりますが、腕に負荷がかかる感じはしません。激しい運動をしてもほとんど気になりません。ただまぁ、腕に巻いてあるだけなので、激しい運動の後は少しずれてくるので、たまに、上にずり上げることはしばしばです。

2体ものなので、装着・脱着は少々煩わしいかもしれません。装着する手順としては①本体部を腕に着ける、②そこにぶら下がったカメラをヘルメットにつける わけですが、ヘルメットをかぶっていない状態だとカメラを固定することができないので、カメラが宙ぶらりんになるわけです。昼食時など、ヘルメットをかぶってないことはよくあることなので、カメラの格納先をどうするか少々迷うことになります。大体の場合、上着のポケットに入れたりすれば済むわけですが、ちょっと戸惑います。一応、付属品の本体固定用のアームバンドは、カメラを格納するポケットはついてますが、なにせ材質がネオプレンゴムなので、伸ばして口を開いてカメラを突っ込む必要があります。なので、やりやすいとは言えませんが、水上撮影などで上着を着ていない時などは、ちょうどよい格納場所になりそうです。

まぁ、そんな点を除けば、撮影時の使用感はとても良好です。

この製品の優れた点の一つ、裸のままで防水仕様なので、防水ハウジングを必要としません。カメラ部30gなら、追加重量はほとんどないまま頭部に装着できるのも嬉しいです。
というか、GoProやSONYのようなハウジング+アダプタが必要ないので、頭部にマウントしても、さり気なさが比にならないと思います。ちなみにゴーグルのバンドに取り付けるには、純正オプションの↓は、簡潔かつ軽量、確実な固定方式を採用しているので、絶対お勧めです。

とはいうものの、猫も杓子もアクションカムば”GoPro”という風潮は消えませんね。

アクションカムの走りはGoProなので、私も検討はしました。一時は、購入一歩手前まで。

ですが、あの構造ってどうなんでしょうね?

光学的には不利な形に見えてならないんです。
だって、レンズ群の厚みがないので、短い距離で光を屈折させなきゃならないから、像がひずんだりしやすいんじゃないかな?と。コンパクトさを求めるあまり、レイアウト的に非合理的な形状に見えちゃうんですよね。
ヒンジ部もなんだか頼りなさげだし・・・。

あの余裕のなさそうな構造を採用しつつGoPro Hero3+では4K解像度をうたっているのも信じがたいというか、正直ピンときません。とりあえずセンサーのせられたけど、性能を生かしきれる構造化と問われれば、100%イエスとは言えませんよね。オーバースペックなんじゃないかと・・・

しかし、GoProは頭の左右中心に配置するのに適した構造なのは間違いない。
デコ前に取り付けたときに、出っ張りが少ない形なんだなと。
それこそがGoProの長所であり短所でもあると言えそうです。

一方、今回購入したパナソニック製品を始め、側頭部に取り付けることを優先した製品は光学的に有利である反面、頭部の左右どちらかにカメラをセットする必要があるため、左右均等の映像は撮れません。アクションカメラを購入する前は「大した問題じゃない」と思ってましたが、これって結構重要な問題な気がしてきてるのも事実だったりします。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | トラックバック (0)

2014/01/09

7~8インチタブレットはWindows8とiPad miniで十分な気がする

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年12月、クリスマス商戦を狙うかたちで
8インチのWindows8.1タブレットが多数登場しました。

これまで7~8インチタブレットといえば、
iPad miniかAndroid端末しかなく、
ARMベースのモバイルOSでは
PCライクなマルチウィンドウ作業は困難です。

MS Officeの様な本格的なドキュメント作成は
タブレット環境では、欲求不満を抱えることの
多いのが実情です。

しかし、Windows8の登場により
フルPCが8インチクラスで走るようになり、
携帯性とWindowsのマルチウィンドウ環境を
”まともに”両立できる時代がやってきました。


iPadやiPhone、Androidを使っていると、
コピー&ペーストなどを多用して高度な文章作成や
編集作業をしようとすると、非常にやりにくいことが分かります。

私もPCレスのタブレットオンリーの環境で
ブログ執筆に挑んだこともありますが、
そのやりにくさゆえに、1月もたずに
断念した一人です。

なんだかんだ言っても、窓を複数立ち上げておいて、
窓を切り替えてコピペする方が、遥かにやりやすいですよね。
やはりWindowsやMac OSの様なフルPC流は、
効率的だし快適です。


他方、オフィス文章の主流はMS Officeであるのに、
モバイルOSにおけるオフィスアプリは貧弱で、
表示互換性が低かったり、編集機能に貧しかったり、
まともなオフィス文章環境を実現するのは
今のところ不可能です。
ちょっとした編集作業にとどまります。

事実iPad + iWorkでオフィス環境が実現すると思いきや、
Mac版iWorkで作成した書類をiPadで開くと、
体裁が崩れるばかりか機能もオミットされてしまいます。

しかしWindows8.1タブレットであれば、
MS Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote)が
プラス数千円でお手頃に手に入る上、
PC用のOfficeそのものなので、
PCとまるっきり同じ要領でオフィス文章を
作成することができます。

PCに比べればCPUがAtomで非力なため、
処理が重く感じることもあるでしょうが、
携帯性にメリットを見いだせれば、
余りある恩恵を得られると思うわけです。


そして、Windowsそのものなので、
PC用ソフトウェアをインストールして使うこともできます。
処理能力にさえ目をつぶれば、デスクトップで作業をするのと
同じようなソフトウェア環境をデスクから解放されて
使うことができるのも魅力ですね。


で、8インチクラスのタブレットで
PCの拡張性が実現できるとなると、
Androidタブレットの存在価値が
薄れつつあると思えてなりません。


AndroidってiPad、iOSのがんじがらめの
カスタマイズ性に嫌気をさした方たちが、
好んで使うようになったところから
シェアを伸ばしたOSと理解しています。

それから無償で提供されたことも
シェア拡大の大きな要因です。

しかし、8タブに限って話をすれば、
Androidタブレットを買うなら、拡張性の高い
Windowsタブレットを買ってしまったほうが、
利便性は高いと思うのです。

今後は、わざわざAndroidタブレットを
買う必要ないかなと。

一方、iPad miniはどうかというと、
Androidタブレットとは異なる存在感があり、
所有する喜びを感じる端末なのです。
iPad miniは別途持っていたい気がします。


ということで、8インチWindows8.1タブが
欲しくて仕方ない今日この頃です。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | トラックバック (0)

2014/01/07

Touch IDは季節が変わると認識率が悪くなる

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


Touch IDはとても利便性の高い機能。

iPhone5Sが発売されてすぐ、
このブログでもTouch IDを絶賛しました。

そのiPhone5Sが発売されてから3か月以上が経過し、
季節は秋から冬へ移り変わりました。

季節の変化とともに、空気の乾燥具合も変わり、
手がかじかみ、カサカサ乾燥した毎日。

手のカサカサ具合が影響しているのか、
Touch IDの認識率も冬になって悪化した気がします。

私の場合、2週間に1度くらいは
指紋を再登録しないとロックが
スムーズに解除されません。

ほんと、イライラします。
最近は、自分でパスコードを入力してことが多いです。

話によると、Touch IDには若干の指紋の変化に対して
追従できる仕組みが盛り込まれているようです。
Touch IDに指をかざして指紋認証するたびに、
登録されている指紋データをアップデートするのだとか。
それにより高い認識率を維持できるのだと。

おそらくアップデートするか否かは
指紋の変化率で決めているのだろうから、
閾値を超える変化以内ならロックを解除し
指紋データをアップデートする。
そうでなければ、認証をはじくし、
データのアップデートも行わない仕組みなのかな?

そうでないと他人が成りすまして
ログイン可能になってしまいますからね。

そんな仕組みをもちながらも、
手の乾燥やかさつきによる変化に追従できない様は、
もう少し何とかならないものかと思えてなりませんね。

真冬は屋内外の温度差が大きいし、湿度の違いも大きい。
そのダブルパンチで手の表皮の伸び縮みも大きいのかな?
その変化にTouch IDはついていけないんでしょうね。

Touch IDは水でぬれた手には弱いですが、
潤った手と乾燥した手の差異にもついていけないようです。

今現在、真冬の対策としてできることは、
”認識率が落ちたら、指紋を再登録する”ことくらいでしょう。
数週間に1度となると、とても面倒な作業ですが、
現時点で認識率を向上させる唯一の方法のような気がします。

解決策がないか、いろいろ検討してみたいと思います。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/05

本年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年末から第二のお仕事「スキー」に忙しく、
ブログの更新が滞ってますが、
ネタはいろいろ仕込んであるので、
タイミングを見計らって更新していきます。

乞うご期待ください。

管理人より

| | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »