Microsoft

2016/09/20

Surface Pro 3のペンをしっかり保持 Surfaceペンループ×2個


Surface Pro 3を使って2年ほど経過しましたが、最近ようやく鞄に入れてモバイル的に使うようになりました。

ですが、キックスタンド式のタブレット派生PCは、スタンドが立つスペースが必要なので、太ももの上で使う様なシチュエーション、たとえば電車の中などでは使いにくいですね。それに机の奥行きが狭いとき、スタンドが立つスペースが必要なので、机の最奥までSurfaceを追いやれない。二つ折りノートに分がある。この辺りを考えると、理想的にはノートPCとタブレットを高い次元で融合したSurface Bookが最強かなと。ですが、なかなか高価なPCなので後継の後継あたりに購入できたらな。MacBookも欲しいし(--;)

で本題、今回はSurface Pro 3のSurfaceペンを固定するSurface ペン ループの話です。

Jpmsjplmicrosoftstarkblack5d70000_4

Surfaceペンを持ち歩く際、タイプカバーに柔軟性のあるループを取り付けることでSurfaceとSurfaceペンを一体にして持ち歩けるようにするアイテム。Microsoft純正の代物です。

しかし、標準で付属しているペンループは一つだけなので、ペンの固定がぷらぷらしてしまい、SurfaceとペンがハードコンタクトしてSurface本体が傷だらけになります。

そこで提案ですが、Surface ペン ループMicrosoftStoreで単体購入して、2つのSurface ペン ループをタイプカバーに装着すると、ペンをしっかりホールドできて、かなり良い感じになります。

11

12_2

持ち歩いたり、鞄の中に入れてもペンがグラグラ、ブラブラすることもほとんどないので、Surface本体を傷つける可能性もグンと下がたと思われます。

まぁ、Surface ペン ループ一つで¥518(2016年9月現在)なので、決して安いとは言いがたいですが、利便性は格段に上がると思うので価値はあると思います(主観)。

実はiPad Pro 9.7inchも所有していますが、Apple Pencilの持ち運びが考慮されてないため、ペンのやり場に困ります。サードパーティからPencilケースも発売されてますが、あまり嵩張ったり厚みのあるケースは避けたいので、この種のペンループをApple Pencil用にかっこよく自作できればなと企んでいます。

ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/01/09

7~8インチタブレットはWindows8とiPad miniで十分な気がする

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年12月、クリスマス商戦を狙うかたちで
8インチのWindows8.1タブレットが多数登場しました。

これまで7~8インチタブレットといえば、
iPad miniかAndroid端末しかなく、
ARMベースのモバイルOSでは
PCライクなマルチウィンドウ作業は困難です。

MS Officeの様な本格的なドキュメント作成は
タブレット環境では、欲求不満を抱えることの
多いのが実情です。

しかし、Windows8の登場により
フルPCが8インチクラスで走るようになり、
携帯性とWindowsのマルチウィンドウ環境を
”まともに”両立できる時代がやってきました。


iPadやiPhone、Androidを使っていると、
コピー&ペーストなどを多用して高度な文章作成や
編集作業をしようとすると、非常にやりにくいことが分かります。

私もPCレスのタブレットオンリーの環境で
ブログ執筆に挑んだこともありますが、
そのやりにくさゆえに、1月もたずに
断念した一人です。

なんだかんだ言っても、窓を複数立ち上げておいて、
窓を切り替えてコピペする方が、遥かにやりやすいですよね。
やはりWindowsやMac OSの様なフルPC流は、
効率的だし快適です。


他方、オフィス文章の主流はMS Officeであるのに、
モバイルOSにおけるオフィスアプリは貧弱で、
表示互換性が低かったり、編集機能に貧しかったり、
まともなオフィス文章環境を実現するのは
今のところ不可能です。
ちょっとした編集作業にとどまります。

事実iPad + iWorkでオフィス環境が実現すると思いきや、
Mac版iWorkで作成した書類をiPadで開くと、
体裁が崩れるばかりか機能もオミットされてしまいます。

しかしWindows8.1タブレットであれば、
MS Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote)が
プラス数千円でお手頃に手に入る上、
PC用のOfficeそのものなので、
PCとまるっきり同じ要領でオフィス文章を
作成することができます。

PCに比べればCPUがAtomで非力なため、
処理が重く感じることもあるでしょうが、
携帯性にメリットを見いだせれば、
余りある恩恵を得られると思うわけです。


そして、Windowsそのものなので、
PC用ソフトウェアをインストールして使うこともできます。
処理能力にさえ目をつぶれば、デスクトップで作業をするのと
同じようなソフトウェア環境をデスクから解放されて
使うことができるのも魅力ですね。


で、8インチクラスのタブレットで
PCの拡張性が実現できるとなると、
Androidタブレットの存在価値が
薄れつつあると思えてなりません。


AndroidってiPad、iOSのがんじがらめの
カスタマイズ性に嫌気をさした方たちが、
好んで使うようになったところから
シェアを伸ばしたOSと理解しています。

それから無償で提供されたことも
シェア拡大の大きな要因です。

しかし、8タブに限って話をすれば、
Androidタブレットを買うなら、拡張性の高い
Windowsタブレットを買ってしまったほうが、
利便性は高いと思うのです。

今後は、わざわざAndroidタブレットを
買う必要ないかなと。

一方、iPad miniはどうかというと、
Androidタブレットとは異なる存在感があり、
所有する喜びを感じる端末なのです。
iPad miniは別途持っていたい気がします。


ということで、8インチWindows8.1タブが
欲しくて仕方ない今日この頃です。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | トラックバック (0)

2013/12/26

Windowsタブレット選びは手書きにこだわるべし

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


Windows8.1が登場し、Windowsタブレットも買い時だなと思う今日この頃。
なぜなら、Windows8から8.1になってタッチ操作が洗練された印象を受けるから。

タッチUIを使い倒すならタブレットだろうということで、
遅ればせながらWindowsタブレット端末を物色し始めました。

iOS、Androidなどを所有した上でWindowsタブレットを持つとなると、Windowsタブレットにしかない優位性を求めたい。そう考えると繊細な手書きペン入力を備えた端末が、優位点かなと思うわけです。

iPadをはじめとする大半のタブレットは静電容量式タッチパネルを採用しているため、液晶ドライブ回路の発するノイズを拾ってタッチセンシングの精度があまり上がらないらしく、今の技術レベルじゃ繊細なペン入力は不可能に近い。子供が描いたような雑な文字しか望めない。

そこで登場するのが電磁誘導式パネル。
この方式はタッチパネルに限らず、ノギスなどμmオーダーのセンシングにも応用されて、耐ノイズ性をうたう製品もあるほど電気的ノイズに強い技術。なわけで、電磁誘導方式のパネルは繊細な入力を必要とする用途に向いていると思うし、実際そう。

ということで、Windowsタブレット選びでは電磁誘導式タッチパネルを搭載した製品をいろいろ触り倒して善し悪しを比べてみました。

せっかく買うならデチューン版のRT系ではなく、フルWindowsがのったマシンにしたいと思っていたところ、デジタイザ入力ありのモデルは、ほぼ全てがフルWindowsでした。

今のところ候補に挙がっているのはMicrosoftba Surface Pro 2ソニー SVT11218DJB VAIO Tap 11Dell Venue 8 Pro富士通 ARROWS Tab QH55/M あたり。

この中で今回試せたのは未発売のDell以外の3機種。

触っていて各社の違いを感じたのが、ペン入力時に画面上に置いた手が“悪さ”をするか否か。具体的に書くと、ペン先で字を書くつもりが、字を書く際に画面に触れた手の一部をペン先と誤判断し、跡を残してしまうのです。

この現象は手書き入力する際に大きなストレスになるため、それがないか否かでジャッジをしてみました。というか、私的には買う買わないの判断の大きな分かれ道になると感じます。今後、ソフト的なチューニングで解決される問題かも知れませんが、そんな初歩的なミスを許すメーカなんて、正直ろくでもないと思うのです(言い過ぎだったらごめんなさい)。

ということで。。。

Microsoft Surface Pro2

まず、Windowsの開発元Microsoftが渾身の一撃で大売出し中のSurfaceシリーズ。エントリーモデルのARM系Surface2はWindowsにしてWindowsにあらず。そんなのには目もくれず、Surface Pro 2を本気で検討しています。

重量云々はSurface 2に軍配が上がるものの、WindowsになりきれないWindowsタブレットなら、正直iPadやNexusで十分。この際だから、Windowsになりきった端末が欲しいわけです。単体900gオーバーの重量級タブレット。タッチカバーを着けると1㎏を超えるわけですが、WindowsのタッチUIにマッチングするように作りこまれているのが好印象です。

人気商品だけあって、さすがに良くできてます。
でも、問題の手が悪さをするかですが、
”Surface Pro 2は悪さをしませんでした”
手を接触させたり離したり、何度か意地悪テストをしましたが、ペン入力の線以外は何もプロットされませんでした。
正直、良くできていると思います、Surface Pro2。

Surfacepro2_ing Surfacepro2_after
文字を書いてみる。このとき、右手のプニョプニョした部分が画面に触れるようにして文字を書く。触れた手がくっついたり離れたりするように、意図的にいじめてみました 右手が触れていた部分には、ご入力跡はありませんでした。

で、Surface Pro2の決定的なアドバンテージはOffice Home and Business 2013がプリインストールなこと。Skydrive 200GBが2年間無料、Skypeもタダ券が付いてくる。それでいて価格はライバルよりはるかに安いのです。少々重かったり、いくつか問題はありますが、それを押しのけて買いたい気持ちを掻き立てる、スペック以外のサービスが魅力ですね。

VAIO Tap 11

この商品、SONY VAIOのタブレットPCとして発売されたものですが、タブレットの中では珍しい11インチというサイズ。これ、手書き入力、特に出先で絵を描いたりする人にはちょうど良いサイズ感な気がします。もちろん、ノート代わりに使っても便利。Surface Pro 2が10.6インチなのに対して、VAIOは一回り大きいため、広々と書き込みができる気がします。
それにタブレットモードにおいては重量760gとSurface Pro2よりも100g以上軽い仕上がり。Surface Pro 2より一回り大きいにもかかわらず軽量なため、余計軽く感じます。

で、ペン入力の実力はというと、Surface Pro2といい勝負です。
書き心地はSurface Pro2と非常によく似ています。誤入力もありませんでした。純正のペンがよく作り込まれていて、とても好感が持てました。

Vaio_tab_11_ing Vaio_tab_after
こちらもSurface Pro2同様の書き心地。手書きしていてもストレスを感じにくいと思います。 触れた手による誤入力も見られませんでした。

難点は割高感が否めないこと。Surface Pro2と同等レベルにカスタマイズすると165,800円(ソニーストア価格 2013/12/26現在)となりSurfacePro2+タッチカバー2 142,780円より高額になってしまいます。

それから、付属のキーボード兼カバーの脱着機構が貧弱なことが気になります。キーボードを本体に格納する場合、ノートPCをたたむようにキーボードと本体のディスプレイをお腹合わせににするわけですが、密着させた両者の保持はマグネットの磁力に頼るだけ。スライドさせるような力がかかると、両者はずれてしまうため、鞄に入れたり、鞄から引き出したりする際にガチャガチャとずれてしまう恐れがあります。最悪の場合、両者がずれて、滑って手から落下する危険性もはらんでいそうです。ちょっと考えもんだと思いますね。おそらくマイナーチェンジで見直しかかるんじゃないかな?

ARROWS Tab

防水、2560×1880ドットという高解像度ディスプレイを搭載した10.1インチタブレット。画面のキレイさはピカイチです。風呂場でも使えるWindowsタブレットというのも目を惹きます。

で、手の誤入力は、したの写真の通り使いにくかったです。
誤入力だけでなく、手が画面に触れていると、文字を書くために手を動かすとピンチイン/アウトと判断されるようで、全く意図しないのに拡大したり縮小したり。非常に使いづらかった。正直、手書き入力は使い物になりませんて感じ。

Arrows_tab_ing Arrows_tab_after
手書き入力はできるが・・・
手が画面に置かれた拍子に、誤入力が入りまくる。

防水、超高精細ディスプレイに一瞬惹かれたものの、手書き入力のやりにくさから一気にランク外に転落でした。残念。

12月末にDell Venue 8 Proが発売になるらしいので、店頭に並んだら追加でテストしてみたいと思います。Venue8 Proは試せてませんが、8インチサイズの身軽さ&手書きによって手帳の置き換えがますます進行しそうですね。


手帳代わりのVenue 8、ノートやキャンバス代わりのSurface Pro2かVAIO Tap11があれば何でもできそうな最強タッグな気がします。

今の段階では、10~11インチをどれにするか決めかねてますが、もう少し考えて結論が出たら記事にしたいと思います。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | トラックバック (0)

2013/12/19

手書きの時代、ちと贅沢なBamboo Stylus feel Carbonを導入

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


今さらながらWindows 8タブレット選びをはじめました。

8インチクラスにしろ10インチクラスにしろ、
処理能力とバッテリ持続時間のバランスが、
ようやく使い物になるレベルになったと判断してのこと。

AtomかCore i搭載か、
8インチ、10インチかで
大きく分けて2ラインが存在します。

で、その中にMicrosoft Surface Pro2を筆頭に、
電磁誘導式タッチパネルを採用したものが多々存在します。
Sony VAIO Tap 11、富士通ARROWS Tab、
Dell Venue 8あたりが注目株ですかね。

今の物欲度からすると、おそらく数ヶ月以内に
Windowsタブレットを購入していそうな勢いです。

まぁ、電磁誘導式タッチパネルを採用したものにも善し悪しがあるので、
そのあたりのジャッジは、後日別記事としてアップするつもりです。

で、それに先駆けて、スタイラスを購入してみました。
購入したのは「Wacom Bamboo Stylus feel carbon CS400UK

カーボン、ジルコニア採用の贅沢な逸品です。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_5

下位の低価格バージョンもありますが、
カーボンなどの本物のテクスチャが
所有欲を満たしてくるので、こっちをチョイスしました。

今はとりあえず、Galaxy Note3用に使っています。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon2013

Galaxyの内蔵式スタイラスに比べて、直径が太いので、
非常に持ちやすく書きやすいの一言。
これなら、シャーペンやボールペンと比べて違和感もなく
手書きが快適になります。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_2

スタイラスに備わるボタンも機能するし、
純正スタイラスと互換性があると言えそうです。

ただ、少し気になったのはキャップが少々重たいこと。
キャップをお尻にはめて長時間利用するときは、
持ち手にかかる荷重が気になりました。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_4

 

なので、長時間使う時はキャップはどこかに引っかけておくのが良いと感じます。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_3

外したキャップは、私の場合はGalaxy Note3の
皮ケースにクリップしたままにしてます。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_6

持ち運ぶ際は、同じくGalaxy Note3の皮ケースに
引っかけて持ち歩いています。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_7

Wacom Bamboo Stylus feel carbonは、本体だけでなく、
外箱もお金がかかっています。捨てるのがもったいない気もします。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_8

厚手のボール紙で作られた外箱は、開閉の仕組みにも一工夫があります。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon20_9

上部の開閉ブタは、閉じると側壁に密着する構造になっています。そして、この側壁に密着させるために開閉ブタか側壁に”マグネット”が内蔵されているようです。磁力により開閉ブタと側壁がくっつき、フタが無闇に開いてしまうのを規制しています。

Wacom_bamboo_stylus_feel_carbon2_11

値段が値段だけに、外箱にも高級感を求めてるんでしょうが、
正直、箱ごときに金かけないで欲しいですね。
トータルプライスを安くしてもらいたいのが本音です。

私は、カーボンに目がない(手が届く金額なら)ので、
今回はWacom Bamboo Stylus feel carbonを選択しました。

が、機能と価格のバランスは廉価モデル「Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK」が良さそうです。本体の素材がプラスチックですが、ペンの材質としてありふれたものですからね。

それと、Galaxy Note用に短めのバージョンもあるようです。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | トラックバック (0)

2012/10/28

Parallels DesktopとWindows8。
アップグレードインストールに注意

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


Macユーザに絶大な人気を誇るParallels Desktop

Parallels DesktopにWindowsをインストールして使っているユーザも多いのではないでしょうか?私もその一人です。

20121028_152434

10/26には、Windows8がリリースされ、私も勢いで購入してしまいました。

Windows8 Proアップグレード版はダウンロード価格3300円
1ライセンスで3台までインストール可能なので、もう一本買ってもよさそうな価格です。
2013年1月31日までの期間限定価格なので、導入を検討している方は要チェックです。

ただ、2012年10月26日時点、
Macユーザの方は、注意も必要です。

筆者がMacBook Pro with Retina15インチで運用中のWindows7 Pro(BootCampパーティションにインストールしてParallels Desktopで起動)に、Windows8のアップグレードインストールを試みたところ、「問題が発生したためインストールを中止します」的なとアラートを発してインストール終盤で中断。Windows7に戻ってしまいました。

調べてみると、Parallels Desktopに問題があり、例えアップグレードインストールがうまくいったとしてもデータなどが破損し、Windowsが起動しなくなる恐れもあるとか。

20121029_184915
とは言え、Windows8 Release Previewの時に、Parallels Desktopにインストールした際は何ら問題なくインストールできたし、正式リリース版のWindows8を新規インストールする場合は、問題なくインストールできるという話もあります。

ということで、Windows8のアップグレードインストールに大きな問題が起きているようです。


せっかく購入したWindows8ですが、しばらくはインストールもできず眠らせておくことになりそうです。

まぁ、タッチパネル液晶を搭載していないPCにWindows8を入れたとしても、高速性以外、インターフェースは微妙な感じなので、恩恵はほとんどないかもしれませんが・・・。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/30

パソコンメガネ”JINS PC”購入。眠りつきがよくなった。

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


近年、LEDバックライトの普及によってブルーライトの存在が注目されるようになりました。

ブルーライトとは可視光線の中でもっともエネルギーの強い“波長380〜495nmの青色光”のこと。赤色光、緑色光は水晶体を通過する際にエネルギーが減衰するため、網膜へのダメージが少ないのに対して、ブルーライトは水晶体を通過してしまうため、網膜にダメージがあるのだとか。

一方、人体に有害な光線として昔から有名な紫外線は“波長10〜400nm”。可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波のことで、光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名称なのです。

ここで注目したいのは、ブルーライトの波長:380〜495nmと、紫外線の波長10〜400nm 。両者を比べると380〜400nmの波長にかぶっているのが分かりますね。ブルーライトの波長は有害な紫外線と被っている部分があるのです。

これは、ブルーライトの有害性を示す証拠の1つと言えるでしょう。

特に近年、液晶TV、スマートフォンをはじめ、様々な機器のバックライトがLED化しています。この“LEDバックライト”は見た目には白色光ですが、白色LEDの正体は、実は青色LEDなんです。青色LEDを蛍光体に照射すると、蛍光体が白色に光るため白色光源となるのです。

青色LEDの応用素子なので、ブルーライトが放出されても不思議ではないですね?

ということで、現状ではブルーライトから目を守るためには、目の前にフィルムなりメガネを挿入して、目を防御するしか方法はないようです。

話題のiPhone5用にもブルーライトカットフィルムが出ています。


とりあえず私は、iPhone5以外でも使いたかったのでJINS PC(ディスプレイ)専用メガネを購入しました。

Jins_pc
私はブログを書いている身上もあり、1日中PCのディスプレイを見ていることが日常的。PCから目を離したとしても、iPhoneを見ていたり、液晶ディスプレイと接する時間は非常に長い。1日8時間寝ていたとすると、残りの16時間のうち、ディスプレイと向き合う時間は結構な時間だと思われます。

で、このメガネをしてから、眼精疲労が激減した気がします。保湿効果も期待できるので、ドライアイ対策にも効果があると思われます。それを感じるのは就寝時に目を閉じたとき。とても目が楽なんですよね。それに就寝前に光源を見ていると、脳が覚醒するため、睡眠の質に悪影響がでると言われているので、その対策にもなる気がします。寝付きが良いと感じます。

レンズはNXTというポリカーボネートよりも強く歪みの少ないものを使っているので、視界がクリアです。粗悪なものだと、知らず知らずのうちに体に負担がかかってしまうものです。こういった細部の拘りは、とても大切なことだと思います。

それでいて、3,990円とお手頃な価格なのがうれしいですよね。

欠点としては色味ですかね。ブルーライトを50%カットしているので、色味はごく薄いブラウン。色味を重視する作業時は外す必要があるかもしれません。これはJINS PCに限った話ではなくて、iPhone用フィルムも色味がついていますし、他社のメガネもスモークがかったものがほとんどです。JINS PCにかんしてはブルーライトカット率を33%に抑えて、色味をクリアにした商品もあるので、環境に合わせて使い分けるのも手かもしれません。

総じて、超おすすめの商品です。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/15

Microsoft Surfaceの価格は$199〜。Kindle、Nexus7と真っ向対決か?

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今年6月にMicrosoft初のタブレット「Surface」を発表したが、重要な情報が抜けていた。

Engadgetの匿名の内報者
によると、MicrosoftはSurfaceを”$199〜”という非常に魅力的な価格設定で発売するという。これはAmazon Kindle FireやGoogle Nexus 7と同じ価格設定。

$199は非常に聞こえが良いが、Microsoftはどのようにしてこのような低価格を実現しようとしているのか?

Microsoftはこれまで沈黙を続けている。Microsoftのスポークスマンは噂についてコメントはできないとしている。MicrosoftのSurfaceの価格についての公式発表は、ARMプロセッサを採用する他社タブレットと競合できる価格になるとしている。

だが、それは何も意味しない。iPad、Nexus7、そして他のAndroidタブレットはARMプロセッサで動いている。そして、その価格帯は$199〜$829と幅広い。 だからこそ、Engadgetの内報者の情報は正しいとも言えるし、Surfaceのスタートプライスが$199というのは技術的に可能だ。

一方、10インチタブレットで$199のものは存在しない。ということは、Microsoftが$400〜$500価格帯とするのがより濃厚ではないか。

簡潔に言うと、もしMicrosoftが$199でエントリーレベルタブレットに入り込むなら、それは驚くべき計画だと思えるが、そうなるかは懐疑的だ。

情報ソース:BusinessInsider




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

Windows RTタブレットは買いかもしれないな

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


台湾誌Digitimesによると、HPとDellは、Windows RTベースのタブレットPCをWindows 8発売後の10月末まで販売する。HPはTIのチップを採用、DellはQualcommのチップを採用すると、サプライチェーン上流の情報筋が伝えている。

ASUSと東芝は、すでにWindows RTタブレットPCデザインを公表している。ASUSはNVIDIAを採用し、東芝はTIを採用する。両社ともに第4四半期までに発売を予定している。これに対してAcerは、2012年中にWindows RTタブレットPCをリリースする予定はない。

DellのWindows RTタブレットPCはCompal Electronicsに製造委託される。

ノートPCベンダーの情報筋は、Intel/Windows 8タブレットPCが準備段階にあり、ハードウェア/ソフトウェアの互換性問題もく、多くのベンダーは10/26以降に製品を発売するとしている。

私も、Windows 8のプレビュー版、Office 2013を試していますが、タッチ操作を念頭に置いたインターフェースには、多少期待させられる部分はありますね。使い慣れたWindowsをタブレットを手軽に持ち出せるとなると期待は膨らみます。


ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/25

Microsoft Office for iOSリリースに向けて雇用拡大中!?

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


.

Microsoftの求人ページが、Microsoft Office のiOSバージョンを準備している可能性を示唆しています。

Office_for_ios_job_emply_2

“Microsoft’s next move on the Mac and on iOS.”と表現しており、必ずしもiOSに限定されていませんが、Mac OS用含め、Outlookのテストエンジニアを募集しているようです。

噂では、11月にiOS版Officeの発売されると言われています。

Microsoftは、SkyDrive、OneNoteなど、いくつかのiOSアプリをリリースしており、この求人が近日中のiOS版Officeスイート発売と直結するわけではなさそうですが、少なくともMacとiOS向けOutlookが開発段階にあると言えそうです。

過去記事
でも触れましたが、Microsoftの広報マンはWindows版Office 2013と合わせて、Microsoft Office for Mac 2013が発売される計画は無いことを明言しています。しかし、今回の求人内容を見る限り、Office for Macの開発は継続されており、来年辺りにOffice for Mac 2014発売に繋がるのではないか?と期待が膨らみます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)