TV

2012/09/30

パソコンメガネ”JINS PC”購入。眠りつきがよくなった。

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


近年、LEDバックライトの普及によってブルーライトの存在が注目されるようになりました。

ブルーライトとは可視光線の中でもっともエネルギーの強い“波長380〜495nmの青色光”のこと。赤色光、緑色光は水晶体を通過する際にエネルギーが減衰するため、網膜へのダメージが少ないのに対して、ブルーライトは水晶体を通過してしまうため、網膜にダメージがあるのだとか。

一方、人体に有害な光線として昔から有名な紫外線は“波長10〜400nm”。可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波のことで、光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名称なのです。

ここで注目したいのは、ブルーライトの波長:380〜495nmと、紫外線の波長10〜400nm 。両者を比べると380〜400nmの波長にかぶっているのが分かりますね。ブルーライトの波長は有害な紫外線と被っている部分があるのです。

これは、ブルーライトの有害性を示す証拠の1つと言えるでしょう。

特に近年、液晶TV、スマートフォンをはじめ、様々な機器のバックライトがLED化しています。この“LEDバックライト”は見た目には白色光ですが、白色LEDの正体は、実は青色LEDなんです。青色LEDを蛍光体に照射すると、蛍光体が白色に光るため白色光源となるのです。

青色LEDの応用素子なので、ブルーライトが放出されても不思議ではないですね?

ということで、現状ではブルーライトから目を守るためには、目の前にフィルムなりメガネを挿入して、目を防御するしか方法はないようです。

話題のiPhone5用にもブルーライトカットフィルムが出ています。


とりあえず私は、iPhone5以外でも使いたかったのでJINS PC(ディスプレイ)専用メガネを購入しました。

Jins_pc
私はブログを書いている身上もあり、1日中PCのディスプレイを見ていることが日常的。PCから目を離したとしても、iPhoneを見ていたり、液晶ディスプレイと接する時間は非常に長い。1日8時間寝ていたとすると、残りの16時間のうち、ディスプレイと向き合う時間は結構な時間だと思われます。

で、このメガネをしてから、眼精疲労が激減した気がします。保湿効果も期待できるので、ドライアイ対策にも効果があると思われます。それを感じるのは就寝時に目を閉じたとき。とても目が楽なんですよね。それに就寝前に光源を見ていると、脳が覚醒するため、睡眠の質に悪影響がでると言われているので、その対策にもなる気がします。寝付きが良いと感じます。

レンズはNXTというポリカーボネートよりも強く歪みの少ないものを使っているので、視界がクリアです。粗悪なものだと、知らず知らずのうちに体に負担がかかってしまうものです。こういった細部の拘りは、とても大切なことだと思います。

それでいて、3,990円とお手頃な価格なのがうれしいですよね。

欠点としては色味ですかね。ブルーライトを50%カットしているので、色味はごく薄いブラウン。色味を重視する作業時は外す必要があるかもしれません。これはJINS PCに限った話ではなくて、iPhone用フィルムも色味がついていますし、他社のメガネもスモークがかったものがほとんどです。JINS PCにかんしてはブルーライトカット率を33%に抑えて、色味をクリアにした商品もあるので、環境に合わせて使い分けるのも手かもしれません。

総じて、超おすすめの商品です。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/06

nasne. 便利すぎる!
SONY Tablet Pとの相性抜群!

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

8/30、SONYから本格発売となったnasne (ナスネ)
私も先日購入しました。

Nasne_xony_tablet_p
当初は7/19発売でしたが、輸送中の問題で、HDDを損傷したロットが発生。全品回収&検査を行ったため、発売が8/30に延期になったというわけ。まぁ、7/19に発送済みだったものに関しては手元に届いたユーザもあったようですが・・・。

家ではSONY Tablet Pとペア(写真上)で使ってますが、Tablet Pはクラムシェルタイプなので、平らなところならいろんな場所で、スタンドいらずでTVが見られて相性抜群です。

話はずれますが、家では、HDDレコーダを1度も購入したことがありません。
アナログ時代から録画専用PC派で、現在は地デジ4チューナ/BS・CS4チューナ(PT2)搭載の専用PCがAVラックに入ってます。おかげで、録画ファイルをiPhoneやiPadを始め、任意のデバイスにコピーして楽しんでいます。本当に便利です。

そんなこんなで、Blu-ray HDDレコーダも買い損ねていたわけです。

しかし、最近の多くのデジタル家電は、ネットワーク越しのコピープロテクトの壁を越えるための規格「DTCP-IP」に対応しているので、家庭内ネットワーク上のデバイス間でコンテンツを共有できるので、スマホで地デジ・BS/CS TVをライブ試聴できる時代です。

DTCP-IPに準拠して、メーカ側が積極的に構築してくれたコンテンツ共有システムは、設定も楽だし手軽に使えてとても便利なのも事実。そんなシステムを家庭内に併存して構築しておくと、時代の恩恵をえられるってもんです。

ということで、私みたいなユーザが、DTCP-IP対応機器を手軽に導入できるのがnasne (ナスネ)です。

なんと言っても価格が安い。定価16,980円!!
家電量販店のポイント還元などを考えると、実質15,000円くらい。
それでいてデジタル3波(地デジ/BS/CS)を受信できるので、ワンセグ(地デジ)対応スマホでは見られないBS/CSも視聴可能。
内蔵HDDは500GBで、録画も可能。
PlayStation3なら4台のnasneを認識可能。
VAIOなら8台のnasneを扱える。

やろうと思えば、必要に応じてnasneを買い足して、8チャンネル同時録画も可能となります。

この「必要に応じて」というのが肝で、これまでのHDDレコーダとは根本的に思想が違いますね。チューナーの数を増やせるわけですから。

しかも、画質が非常にキレイです。
802.11n WiFiで見てますが、映像が途切れることもなく非常に安定してます。

HDDレコーダなどでは当たり前かもしれませんが、「CHAN TORU」を使えば、外出先からリモート録画予約もできるので、不意な録画要求も叶えてくれます。

SONY製品を多用している私にとって、今のところ、最強のネットワークHDDレコーダです。

いや、おすすめですよ。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・

にほんブログ村へ

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

nasneは欲しい!!
けど、大事な対応機種が抜けてる気がする

Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニーコンピュータエンターテイメントから、
ネットワークレコーダー&メディアストレージ 『nasne(ナスネ)™』
nasne
が発表されました。
Nasne_naname
HDD、地デジ/BS/CSチューナを内蔵した簡易TVレコーダ兼NASのようなもののようです。

DTCP-IPに対応していることから、PS3PS VITASony TabletVAIO、XPERIAなどのSONY製品をネットワークで繋げば、nasneのチューナ経由でTVのライブ視聴、録画視聴ができ、VAIOに繋げばBDやDVDに書き出すことも可能とのこと。

HDD容量は500GBで16,980円。結構手頃なお値段です。
発売日が2012年7月19日。
あと3ヶ月後ですね。

Playstation3ライクな形状はSCEらしいデザインです。
サイズは約43 x 189 x 136mm (幅 x 奥行き x 高さ)。
そんなに大きなものではないので、
TVの後ろに設置してしまえば邪魔にならなそう。

PS3では同時に4台のnasneを登録可能。VAIOなら8台まで接続可能らしいので、8台のnasneを用意すれば8チャンネル同時録画も可能だとか。やるかどうかは別として。

ちょっとスペック表を見てみましょう。

商品名 「nasne(ナスネ)™」
型番 CECH-ZNR1J
発売日 2012年7月19日
希望小売価格 16,980円(税込)
本体色 ブラック
外形寸法 約43 x 189 x 136mm (幅 x 奥行き x 高さ) (最大突起物含む)
質量 約460g
RFチューナー 地上デジタル:ISDB-T x 1
衛星デジタル:ISDB-S x 1
受信チャンネル 地上デジタル:VHF帯(1~12ch)、UHF帯(13~62ch)、CATV帯(C13~C63ch)
衛星デジタル:BS/110度CSデジタル(1032~2071MHz)
内蔵HDD SATA 2.5 inch (容量:500GB)
入出力端子 LAN端子(100BASE-TX、1000BASE-T)
ANTENNA IN(アンテナ入力)端子(地上デジタル/BS/110度CS混合アンテナ入力)
ANTENNA OUT(アンテナ出力)端子(地上デジタル/BS/110度CD混合アンテナ出力)
EXT HDD(外付けハードディスク)端子(USB2.0準拠、Type A)
B-CASカードスロット
ボタン 電源ボタン
IP RESETボタン
インジケーターランプ 電源ランプ
RECランプ
IPステータスランプ
HDDアクセスランプ
電源 AC100V、DC12V/1.5A
消費電力 録画中、2ストリーム配信時:9.5W
省電力モードスタンバイ時:1.5W
ネットワークレコーダー機能 DTCP-IP対応
地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送のライブ/録画コンテンツストリーム配信(ホーム&モバイル機器向け)
録画モード(DR&3倍)対応
リモート録画機器の登録とインターネット経由での録画予約
トリックプレイ/シーンサーチ対応
レジューム再生
DTCP-IP Move対応
モバイル機器への書き出し対応(ネットワーク環境により転送時間が異なる)
ダビング10対応
マルチクライアント対応(DTCP-IPストリームを同時に2本配信)
周波数変更時の自動追従 など
メディアストレージ機能 メディアサーバー機能  
 DLNA1.5対応  
 ライブチューナー(地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送)と録画コンテンツのDMS配信  
 ファイルサーバーに転送された画像/音楽/ビデオファイルをDMSで配信 *1  
 マルチクライアント対応  
 リアル茄子出現システム対応 *1  
 …など
ファイルサーバー機能  
 共有ディレクトリ設定  
 ワークグループ設定  
 …など
その他の機能 Webブラウザアプリケーション“nasne™ HOME”
外付けハードディスク対応(1台の“ナスネ”に1台の外付けハードディスクを登録可能)
省電力モード対応(10分間アクセスがないとスタンバイモードに移行)
“ナスネ”システムソフトウェアアップデート機能
同梱物 “ナスネ”本体 x 1
ACアダプター x 1
電源コード x 1
LANケーブル x 1
アンテナケーブル x 1
B-CASカード x 1
PS3®専用TVアプリケーション「torne(トルネ) ™」(BD-ROM) x 1
クイックスタートガイド

*1 nasne(ナスネ)™システムソフトウェアVer.1.50へアップデートが必要。
* 「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS3」および「PSP」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
* VAIO 、“Sony Tablet” はソニー株式会社の登録商標または商標です。
* “Xperia”は、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
* Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* Gガイド、およびG-GUIDEは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
* その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

PS3用地デジチューナー「torne」はPS3がないと視聴も録画もできない商品でしたが、nasnePS3が無くても、SONY製品があれば使えるのはうれしいところ。

ただ、
SONYとSCEがどこまで壁を作っているかにもよりますが、DTCP-IP、DLNA対応なので、最近のたいていのAV機器であればnasneに録りためたTV番組の視聴はできそうな気はします。例えSONY以外の製品であれ。

ちょっと気になるのは、映像ソースのアウトプットとして最も重要な
SONY製TV「BRAVIA」が抜けてるのが奇妙です。TVの大画面で録画映像を視聴するのがまず最初だろ?と思うわけで、ましてや録画予約とかもするでしょうし。そのTVがあえて抜けてる理由が私にはよく分からない。「Webブラウザアプリケーション“nasne™ HOME”」が搭載されているんだから、TVのブラウザからコントロールもできそうなもんですよね?

確かに、SONY本体の「BRAVIABDレコーダ」の組み合わせに対して、SCEの「nasne」はモバイル機器との連携を全面に打ち出して“棲み分け”させてる気はしますが、ユーザから見れば、どっちもSONYのロゴが入った製品なんだからシームレスに使えて当然だと思うのですが・・・。

現状、torneSONY製BDレコーダと連携させるためには別途有料アプリケーションの購入が必要だったり、いつもながらSONYとSCEの間には壁があるんですよね。

SCEの元CEOの平井氏が
SONY本体のCEOになったんだから、この垣根を取り払って欲しいものです。

まぁ、その辺りは今後の
SONYに期待するとして、とりあえず、nasneは予約開始してるので、まずは予約ですね!

リアル店舗では大手家電量販店として有名な「nojima」のネット店舗「eでじ!!」が“価格.com”での最安値宣言をしてるみたいなので要チェックです。



我が家では、Buffalo LinkStationの 500GB(ミラーリング)を日中常時稼働、同3TB(ミラーリング)を保存用ビデオサーバとして利用していますが、ビデオ格納用として500GBでは役不足です。なので、実運用は1TB~2TBの2.5インチHDDと換装して容量を増やしたいところですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/10

AndroidのmicroUSB端子からHDMI映像出力できるアイテム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!



Androidから映像を出力する規格があります。

略称はMHL(Mobile Hidefinision Link)。
今のところ、対応機種は非常に少なく、
SAMSUNG Galaxy SⅡ、HTC EVO 3Dが対応しているようです。(2013/11/21修正)
今では多くの機種が対応しています。

信号自体はスマートフォンのmicroUSBポートから出力されていますが、
TVとの接続コネクタは一般的なHDMI。
要は異種混合なコネクタ&通信規格。

商品としては、以下3つが今のところヒットします。
<2013/11/21追記>
現在は多くの製品が発売されています。
一度、Amazonで検索をお薦めします。

特に私が目につけているのが「ELECOM MHL変換ケーブル

こいつの良いところは、MHLでTVとスマホを接続しつつ、別途microUSB端子からスマホに給電できるところ。TVに接続する場合、動画などのマルチメディア再生が多いので、電池消費が激しいものです。その点、このケーブルならその弱点を補えます。

さらに良いところは、使用スタイルに合わせてケーブル長さが選べるところ。1m、1.5m、2m、2.5m、3mと0.5m刻みで5種類の長さがあるので、自分に合った長さを選べます。

また、ブラックとホワイトの2色が用意されているので、スマホのカラーに合わせるも良し、部屋の雰囲気に合わせるも良し。意外とこういったケーブルは黒一色のラインナップだったり、かゆいところに手が届いていない製品が多い中、選択の自由が用意されているのは高く評価したいですね。

最新のXPERIA Z1にも対応しているのも注目点ですね。
〈追記終わり〉

 

 
 

この中ではiBUFFALO製 BSMPC09BKの評価が高いようです。

XPERIAなどの日本メーカが関わる端末は、端末自体にmicro HDMI端子が備わっているので、microHDMI-HDMIケーブルを繋げばTV出力は可能ですが、Galaxy SⅡなどは、合理的に「スペース的に厳しいんだからHDMI省略しちゃえ。新しい規格作っちゃえ」って発想が大胆というか乱暴というか・・・
<2013/11/21追記>
XPERIA acro HDなんかはmicro HDMI端子が別途設けられてましたよね。
<追記終わり>

多くのAndroidユーザが活用できるアイテムですね。
ということで、Galaxy SⅡ、HTC EVO 3Dユーザはハイビジョン映像をTV出力する手立てととして一考できる商品だと思います。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!

| | トラックバック (0)

Android4.0搭載TV lenovo中国で発売へ。
日本メーカはどう立ち向かうのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!


中国lenovo社がAndroid4.0を搭載した42インチ液晶TV“IdeaTV”を中国国内で発売するという。

私は中国語が分からないですが、分かる方はlenovo中国サイトをご覧いただければと思います。
Ideatv_front
Android4.0搭載というのが目新しいところです。

TVにAndroidが載ると言うことは、Google Playにあふれるアプリを使ってユーザ好みのTVにカスタマイズできることを意味しているので、これから普及していくのかなと思ったりもします。画像を見る限り、Google Playで購入できる「Asphalt 6」と思われるゲームを楽しむ様子も見られます。

Ideatv_game
Idea TVでゲームの図

スペックは

CPU: Qualcomm APQ8060 デュアルコア1.5GHz
RAM: 1GB、ROM: 8GB
ディスプレイ: 42インチ IPS液晶
解像度: 1920×1080 FullHD
通信: WiFi 802.11 b/g/n 有線LAN(10/100Mbps)
カメラ: 500万画素カメラ
外部端子: HDMI×4 ,SD card, USB (USBホスト対応)×4
その他: 音声コントロール、リモコン(Gセンサー) 

ということなので、ちまたに溢れたAndroidスマートフォンと同じデバイスをTVに載せましたって感じですかね?高画質ビデオ再生のことを考えると、ビデオチップは何を使っているのか気になります。

最近のARM系プロセッサは1.5GHz駆動と高速になってきたので、Androidの動作的にはサクサク感も出てきたので、今後いろいろなデバイスに利用されそうな予感がします。

つい昨日も、ひかりTVがAndroid搭載のSTB(Set Top Box)を発表しているので、日本においても“Androidの家電利用”が始った気がします。


ただ、懸念事項もあります。
ご存じの通り、Android自体はLinuxベースのOS。
インターネットとの相性は実証済みですが、“Android=インターネットとの脅威と隣り合わせ”のイメージが強いため、こんなTVが普及したとしても、“TVにもウイルス対策アプリをインストールしておかないといけない時代”が来るのかな?という心配が頭をよぎります。
たぶん、日本の家電メーカだったらユーザにそんな要求はできないだろうから、日本企業がAndroidTVを普及させるのであれば、機能を思いっきり制限した“普通のTVに毛が生えた程度の製品”にるんでしょうね~。
lenovoは元IBMのコンピュータ部門が中国に買収された企業なので、一流の血統も入っていますが、中国の血が入った時点で、日本では考えられないような危なっかしい製品を平気でリリースした感じでしょう。



Android+TVと言えば、2010年、Sonyが米国・欧州で発売した“Google TV”プラットフォーム採用の“Sony Internet TV”が思い出されます。結局、日本導入に至らないまま今日に至っています。「どこ行っちゃったのかなぁ~?」と思い調べてみると、Sonyのニュースリリースでは、2012年1月に“Google TV”採用の“ネットワークメディアプレーヤー”と“ブルーレイディスクプレーや”を発売しており、“Google TV”プラットフォームが途絶えてしまった訳ではないようです。

Sony_internet_tv
Sony Internet TV
8ido1800000epaid
ネットワークメディアプレーヤー「NSZ-GS7」
Bluray
ブルーレイディスクプレーヤー「NSZ-GP9」
 

“Google TV”に触れたことないので詳しいことは分かりませんが、Sony USAのInternet TVの商品ページを見る限りでは、Androidをベースに、リモコン操作に重きをおいてUIを再構築したものが“Google TV”の正体のようです。

一方、Apple製品などのアッセンブリで有名になったEMS大手鴻海精密工業が日本のシャープの筆頭株主になったことで、AppleのTV参入が本格視され、「iTV」は商標権の問題で「iPanel」という名称になりそうなものの、スティーブ・ジョブズの構想がより具体的になってきたようです。モバイルOSをTVに搭載したスマートTVが家電業界を揺るがしそうな今日。

すでに揺るいでいる日本のTVメーカ陣ですが、ユーザの危険をしっかり意識した物作りができるのも日本の家電メーカの強みでしょう。そんな日本メーカが、Google TVベースであれ他のOSであれ、よりスマートで堅牢なTVを普及させてくれることを願いたいですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑ブログを
気に入ったら
ポチッ
して
投票して下さいね
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)