Y!mobile

2016/09/18

実用度アップSIMフリールータの決定版NEC MR05LN


NECのモバイルWiFiルータMR04LNを1年間使用していましたが、
先日、新型MR05LNが発売されたので購入しました。
(下図左が旧機種MR04LN、右が新機種MR05LN)

Dsc01871

見た目の変化は少ないものの性能は大幅に向上していました。
使ってみて良いと実感じた点は以下の通り。

  1. LTE通信速度が大幅に高速化
  2. アンテナ感度が格段に良くなった
  3. SIM切替え時間の大幅短縮
  4. バッテリ持続時間の延長
  5. SIMサイズがナノSIMになった
まず1番に関しては、Softbank回線(Y!mobile契約)で新旧機種で比較したところ、旧機種MR04LNでは下り13.9Mbpsだった場所で、新機種MR05LNでは45Mbpsオーバを記録。実は、アプリの計測上限が45Mbpsだったため本当のところの速度は測定できていないのです。
私が使っているiPhone6は2年前の機種ということもあり、iPhoneで通信するよりもMR05LNを介した方が速度が出るので、最近はMR05LN経由で通信するようになってます。

2番についてですが、MR04LNではアンテナ表示5本のうち1本か2本しか立たなかった環境においてもバリ5かバリ4で通信できるようになりました。未確認ですが、繋がらなかった場所が繋がる環境に変わるということは大きな変化です。
3番は実用性が格段に上がったと感じます。以前は40秒かかったので、たった40秒とは言いがたくて長い40秒でした。今度は約10秒で切り替わるので、鞄からルータを出してSIM切替え操作をして鞄にしまう間に、SIM切替完了というくらいの時間の短さ。これなら気軽にSIM切替えできます。

4番。旧機種では会社で充電しないと、残業を終えて帰宅するまでバッテリが持ちませんでした。スキーなどで遊びに持ち歩いた際にも、朝一フル充電で持ち出すと、夕方にはバッテリ切れなんてのが普通でした。スキーや登山など、電波の悪くなりやすい場所では電波を探す、LTEを探すんでしょうね。首都圏よりも電池の保ちが悪くなりますが(このルータに限った話ではない)、せめて宿にチェックインするまでは余裕で保つくらいのバッテリ容量がほしいです。
といった感じの旧機種に対して、新機種はバッテリ持続時間に余裕を感じます。24時間保つようなルータに比べると危うさを感じつつですが、旧機種に比べれば保つようになりました。感覚的には1~2割増しの容量といったところでしょうか。
欲を言えば、16時間駆動できるくらいの余裕があると、朝起きてから寝るまでバッテリ残量を気にせず使い倒せると思いますが。

Dsc01876

5番に関しては、個人的にはナノSIM派なので、好ましい変化でした。
Appleが推し進めたナノSIMですが、今となってはナノSIMで何の不便も感じないし、通信機器の設計者からすれば無駄なスペースを省けるだろうし、今後しばらくはナノSIMが主流になるんでしょうね。まぁ、将来的にはもっと小さなSIMがでるのか、ソフトウェアSIMになるのか知りませんが、大きな面積を占拠する要素じゃないでしょう。そういう意味でもMR05LNがナノSIMを採用してくれて、個人保ちのSIMがナノSIMに統一できるのでありがたいです。

Dsc01873

以上、個人的な感想を述べてきましたが、総じて、おすすめできるSIMフリールーターです。他の方にも、このルータはおすすめです。
今の時代、端末代も高いし月額も高いし、キャリアで端末を買う価値を感じません。
アマゾンやヨドバシ.comなどで購入できるこの端末はおすすめです。
 

ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2015/08/06

通信容量2倍に惹かれてY!mobileに乗り換え

久々の更新です。

iPhone上陸とともに使い始めたSoftbank。
約7年使ったことになりますが、このたびY!mobileに乗換えました。

Img_6132s

タイトルの通り、Y!mobileの1周年キャンペーンで2015/8/31までの間にdocomo、auからMNPすると、通信容量が倍増するのに惹かれての乗り換えです。

スマホプランLの通信容量は通常7GBですが、キャンペーン中は14GBに通信容量がアップ。動画などのストリーミングを楽しんでると7GBはあっという間なので14GBは助かります。それでいて月額3650円は破格です。

都市部で動画視聴をするにはノーリミットのWiMaxも快適なんですが、地方への高速道路移動時に切れたり繋がったりを頻繁に繰り返すこと、地方に行った時の圏外の多さなどから採用を見送り、人口カバー率の高いLTEかつ通信容量の多いY!mobileを選択した訳です。

今のY!mobileはSoftbankの一事業部に過ぎないので、基地局や電波はSoftbankそのもの。SIMフリーiPhone6にY!mobileのSIMを挿すとSoftbankと表示されます。Y!mobileユーザの重みづけなどがあるかどうかは分かりませんが、今のところSoftbankの時と使い勝手は変わらないと思います。
思い返せば2~3年前、Softbankに吸収される前のEMOBILEユーザでしたが、圏外が多くて解約したいと思っていた矢先、誇大広告で行政指導を受けたEmobileを無料解約できた思い出がありますが、今のY!mobileは電波の悪さの面影はありません(--)

少し脇道にそれましたが乗り換え理由の一つ、14GBある通信容量を計4枚のSIMで分け合える”シェアプラン”というシステムも、追加料金なしで利用できるので、一枚のSIMをWiFiルータに挿して活用しています。このシェアプランは、公式にはスマートホンやタブレットにSIMを指して活用するケースが謳われていて、店員さんによっては”WiFiルータでの運用はできません”という人もいますが、少なくとも私のところでは普通に使えています。

S

上の画像はSIMフリーのデュアルSIMルーターNEC MR04LNにY!mobile SIMとUQmobile SIMを挿して運用しているの図です。LTE高速通信を使いたいときはY!mobile(Softbank)で、OSアップデートなど時間がかかっても問題ない大容量ダウンロードなどはUQmobileで運用してます。近い将来、docomo系MVNOを加えて3キャリアの電波を使い分ける環境を築く予定です。

Img_6133s

で、冒頭、疑問に思った方もいると思いますが、今回のキャンペーンの適用はdocomoとauからの乗り換え対象者のみで、Softbankからの乗り換えは対象外です。なのでSoftbankユーザーだった私は、Softbank→docomo→Y!mobileと経由しました。docomoは1日限りで乗換えでしたが、Y!mobileへの審査は何事もなくパスしました。まぁ、docomoにおいては短期解約のペナルティがあるかもしれませんが、これだけMVNOが普及した昨今、保守的かつサポート費がかさみすぎるdocomoと直接契約できなくなっても、私はま~ったく問題ありません(^_^)

そうそう、Y!mobileにした理由の一つは、3大キャリアで膨らみすぎたサポート費によって維持費がやたらと高くなっていることを疑問に思い、その費用を極力抑えたキャリアに乗り換えたかったのです。

docomoを筆頭に、不勉強なユーザのために手取り足取り時間を費やすショップの費用を負担してるのは誰ですか?私なんか、携帯使い始めて約20年。ショップのサポートのお世話になったことなんてほとんどありません。端末の初期不要、あるいは不具合で修理交換を受けた時くらい。ちょっとした使い方や、プランの相談など、ショップに出向くのも億劫なので自己解決してきました。そんな人間からすれば、サポートの運用費を徴収されるのがバカらしくて仕方ない。不勉強なユーザのために奇特にお金を支払っている訳ですよ。なので、そんなバカらしい余計な費用がかからないキャリアに乗り換えた次第です。

究極はMVNOに移ることでしょうが、それはそれで通信速度が出なかったり、世の中うまくいかないようにできているので、それはNGというのが私の考えです。

と言うことで、MNPを敢行したというお話でした。


ブログを気に入ったらポチっ→ ブログランキング・にほんブログ村へ

|